故郷へ恩返し

故郷を離れて早40年。私は、故郷に何かの恩返しをしたい。

作戦会議

2017-03-30 03:10:07 | プロジェクトエンジニアー


冬の小樽で見たサンタサミットです。
この子には、どのサンタが何を届けようかと相談しているのでしょうか。


今日のタイトルは、「作戦会議」です。

洋の東西を問わず、男たちは毎夜作戦会議を開きます。
大事な話は、ほんの束の間。後は、お決まりの宴会となります。
何がそんなに打ち合わせることがあると言うのでしょう。

我が家でも、毎晩作戦会議が持たれます。
あの壁に、黒田のユニフォームを額に入れて飾ろう。
イーゼルスタンドに、来月のカレンダーを置きましょう。
そのためには、風景画を描かなきゃ。

カフェで流す音楽はどうしよう。
インターネットで有線音楽はどう。
60インチのテレビを入れて、マイクを買ってカラオケはどうかしら。
カラオケ料金はどうしよう。

どこの会社でも会議は大好きです。
上司の独演会のような会議に出席するのは、一回休みのような気分でした。
グローバル化の現代は、テレビ電話での会議となります。
適当な時間は、夜の8時らしい。
ヨーロッパは、お昼の時間。アメリカは、朝の6時。
この会議が1週間に一回の割合であります。
顔を見ながら、和気あいあいと会議は進みます。
短い時間に、確認しなければならないことがてきぱきと処理されて行きます。
コーディネーターが優れている証拠です。

どこかの会社では、席が決まっていないらしい。
来た順番に座ることになっている。末席に遅れてきた会長が座っている。
会長が来るまで待たなくて良いのです。さっさと始めてしまえ。
また、ある会社では会議は立ってやる。
15分で終わるそうです。
少し広めの廊下にホワイトボードが置かれています。
思いついたことを、ほんの数分話し合います。

結果発表のような上司への報告会は、本当に無駄な時間です。
自分の順番以外は、皆無関心です。
本来、報告が聞きたい上司が部下の席に行って話すべきことでしょう。

我が家の作戦会議は、どちらかが疲れて終わりになりました。

たんぽぽが 風に揺られて うなづいた

2017年3月30日

2016年7月20日投稿記事「椅子で寝る」を参照ください。
会議で寝ることほど幸せな時はない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 毎日を楽しむ | トップ | 聞きたいことを話す »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

プロジェクトエンジニアー」カテゴリの最新記事