Afternoon Avenue 25 (by hide_boo)

Perfumeと乃木坂46、クルマやバイク、好きなものついて、だらだら綴ります。

乃木坂46 アンダーライブ関東シリーズ 東京体育館3Days

2017-04-23 11:54:43 | Weblog

毎度、在宅オタにてライブに行くことは叶わず、今回のアンダーライブもいつものようにブログやツイッター、ネットニュースを追いかけていた。

今回、アンダーメンバーはインフルエンサーが史上最多の21名選抜になったことで、12名という最少人員となり、アンダーライブの継続を不安視する声もあったらしい。

もちろん、本人たちの耳にもその声は届いていて、今回、アンダーセンターを務めている渡辺みり愛のMCにも最少でも最強という反骨心溢れるフレーズが見られた。

彼女は2期生として乃木坂46加入時は最年少であり、星野みなみと同じように「妹キャラ」として愛されてはいるものの、私の眼には目立った存在ではなかった。

しかし、乃木坂工事中で挑戦したドローンを使ったマシュマロキャッチや、17枚目シングルキャンペーンでの氷瀑クライミングなど、フューチャーされる機会が多くなってきた。

特にシングルキャンペーンの際には、アンダーメンバーからの参加であることに拘っていて、おそらくこの時にはアンダーライブの開催やアンダー曲のセンターを任されることが決定していたのではないかと想像する。

そうしたチャンスが、彼女の意識を大きく変えていったのだ、16枚目シングル裸足でSummerで齋藤飛鳥が成長したように。

正直、不遇時代が長かった2期生であること、3期生が単独チーム的な動きを見せる中で、アンダーメンバーとして存在感を知らしめるために、今回のアンダーライブへの意気込みはとても大きいものだったはずだ。

そして、3日間4公演なんと3万2000人を動員してみせたことは、きっと渡辺みり愛の自信になっていくだろう。

高橋みなみではないけれど、頑張っている1期生、2期生のアンダーメンバーこそ、報われてほしい。そうなれば乃木坂46はもっと大きく、もっと高みに上っていける。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春のインフルエンザと心のバ... | トップ | 乃木坂46 2017年夏の陣 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。