Afternoon Avenue 25 (by hide_boo)

Perfumeと乃木坂46、クルマやバイク、好きなものついて、だらだら綴ります。

軽はどんどん進化する。

2017-07-17 09:52:59 | Weblog

何度かこのブログで紹介させていただいているが、今、普段の足として日産マーチに乗っている。

マーチ自体、5ナンバー規格より若干幅が狭く、最小回転半径も小さく、運転席周りのインターフェイスもシンプルで運転しやすい、といった特性で買い物クルマとしては十分合格だ。

しかし、我が家の周辺は4メートル幅道路で、駐車場も狭いし、実は軽自動車サイズの方がよりゆとりをもって運転できる、そんな環境。

マーチを選んだときはもう少し旅行用途で高速道路に乗る機会があると考えて選んだのだが、今となるとやはり軽にしてもよかったなあ、と思う。

 

さて、ベストセラーであるホンダ N-BOXが8月末にフルモデルチェンジを受ける。

ティザーキャンペーンでホンダのホームページにて新型の画像が公開されているが、デザインはキープコンセプト。

標準車はほとんどそのまま。カスタムもヘッドライトのデザインが複雑になったが、現行モデルに比べてギラギラ感は後退した感じ。

そりゃベストセラーなのだから、基本は変える必要はないだろう。

ティザーでフィーチャーされるのは、80キロの軽量化と助手席レールのロング化によるユーティリティ。

ちょい心配なのは軽量化に伴う遮音性の後退。ロードノイズとか大丈夫ですかいな?

N-BOXに関しては、NAエンジンでもそこそこトルク&パワーがあるという評価なので、旧モデルでも十分なドライバビリティを持っていることから、モデルチェンジ後でも中古で旧モデルを購入しても損はしないだろう。

実は標準モデルのデザインが顔からスタイルから結構好きなのだ。

容量系らしい、シンプルなデザイン、端正な顔つきが良い。フルモデルチェンジでも標準車のデザインはさほど変わっていないのが証左。

 

次に推すのは、既に旧車になってしまったが、三菱アイ(i)。

何はともあれ、先進的なデザイン。卵型のワンモーションで、エンジンをリヤに持っていたことによる、フロントの軽快さ。

他にない唯一無二のシェイプは素晴らしい。

まだ試乗したことが無いので、心配なネガポイントとしては、リヤのエンジンの室内への侵入程度、前後異なるタイヤサイズで購入後のタイヤ在庫の心配といったところ。

ターボでもNAでもエンジンに拘らなければ、中古価格もこなれてきたので、なるべく高年式で距離の少ないモデルを選んでいける。

 

三菱アイのアンダーとして注目しているのは、スズキのアルトラパン。

マーチの選択理由になった後席分割可倒、運転のしやすさ、端正なデザインと充実したカラーリングといった特徴をまんま引き継いでいるラパン。

アルトの軽量なシャシーを兼用し、基本性能はまず心配ないので、あとはマーチで気になったロードノイズがどうかを試乗で確かめてみたい。

 

次に注目するのがダイハツキャストとムーブ。

特にキャストはNAのアクティバを1日車検の代車でお借りしたことがあり、乗り心地、内部騒音、運転のしやすさはちょっと軽のレベルを超えている。

リヤシートもホンダN-WGNよりも前後長が若干大きく座りやすかったことも良い。

とにかく軽としては高級。

 

そして同じくダイハツのムーブ・キャンパス。低めの車高でスライドドア。リヤシートがフルフラットにならないのが惜しいが、ユーティリティは高そうだし、何より端正なデザインがいい。

軽自動車なのにデザインがうまく少々全長が長めに見えて、モチーフであろうVWバスのイメージに近い。

スライドドアで当然重たいので、ぜひターボエンジンを追加していただきたい。

女性向けとはいえ、このサイズ感のスライドドアって結構ニーズがあるんじゃないかと思う。

 

以上紹介したなかで、乗ってみたいのは三菱アイ→N-BOX→アルトラパン。ダイハツは抑えってところ。乗り心地重視に転換したらダイハツの3車種のどれかってことも有り得る。

近隣でも、ながくアイに乗っている方がいらっしゃるので、それなりにハマるポイントがあるのだろうと思う。

アイミーブを残して、生産終了しているので、中古で高年式が手に入るかが問題だが、普通車を含めても特徴的なデザインとシャシーに一度乗ってみたい。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« SQ-LD523-K (LEDデスクスタ... | トップ | 乃木坂46 18thシングル「逃げ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。