楽しんでこそ人生!ー「たった一度の人生  ほんとうに生かさなかったら人間生まれてきた甲斐がないじゃないか」 山本有三

     ・日ごろ考えること
     ・日光奥州街道ひとり歩る記
     ・おくのほそ道を歩く

車いすのご婦人

2017年11月15日 | 日記
毎朝散歩する公園で、決まってお会いするご婦人が居る。

ご高齢で車椅子に乗って、若い女性に車椅子を押して貰っている。
身なりは、清潔そうなグレイの御召し物で、髪はきちんと整えられて居る。
誰かに手入れして貰っているように思える。

初めてお会いした時、すれ違い様に、大きな声で、

「わっ」

と聞こえた。

脅された気分であった。

(ボンダリア?)


(*ボンダリアはボクが勝手につけた名前です。
  花は直径30cmほど、ボタンなのかダリアなのか解らない。
  そこでボクが命名した。)

この方は、きっと認知症か、言葉の話せない人であろうと、
勝手に思い込んでいた。

公園を一周して出た所が東門で、
道路を挟んで向こう側に福祉園がある。
毎朝、30人乗りぐらいの大きさのバスがやって来て、
後ろの扉を半分を跳ね上げ、下半分を座席の床と平行にして、
車いす共に障碍者を下ろしているのを、目撃している。

毎朝お逢いした当のご婦人は、多分、この福祉園の方で、
朝の散歩に公園内を一周して貰っているに違いない。

時には、聾唖者らしき二三人が、いかにも強面(こわもて)がする、
付き添いの屈強なお兄さんと歩いていることがある。

どうして屈強なお兄さんかと言うと、
聾唖者はどういう訳か体重100kgほどありそうな人が多く、
時には奇声を上げて、走り出すことがある。
その時は、付き添いのお兄さんが更に速く走って、
走り出した人を取り押さえる。
そんな光景に何度か出会うからだ。

話が脱線してしまったが、車いすのご婦人には、毎朝すれ違いざまに、

「わっ」と、

(ボンダリア?)


怒鳴られているのか叱られているのか、脅かされているのか、
訳の分からない解らない言葉を浴びせかけられている。

一週間ほどたったある日、いつもの「わっ」が「おわっ」と、
言っているように聞こえた。

毎朝、会うたびに怒鳴るように聞こえるのは、
ひょっとして「おはよう」と言っているのではないだろうか?
そんな疑問を持つようになった。

相変わらず毎朝「おわっ」とすれ違う。

更に二・三日後のこと、
若い体重100kg級の障碍者とすれ違うことがあった。

付き添いのお兄さんが太った障碍者の背中でベルトを掴んでいる。
走り出さないようにだ。
するとすれ違い様に、大声で

「おわよう」

と挨拶された。

(紅葉)


すかさず「おはようございます」と返礼すると、
付き添いのお兄さんも、
「おはようございます」と言うのだ。

あの車椅子のご婦人も、本当は、
「おわっ」と言っているのではなく、
「おはようございます」言っているのかも知れない。


毎朝合う車椅子のご婦人に、
今度逢った時に、

「おはようございます」

と返事をして見ようと考えた。

福祉施設の中では、人と出会ったら挨拶をしようと、
毎朝、教えているのではないかと思ったからである。

それにしても、このご婦人にしばらく出会って居ない。



ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 仲秋の名月から | トップ | FCV »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (masamikeitas)
2017-11-15 06:33:41
hide-sanさん、おはようございます。

>(*ボンダリアはボクが勝手につけた名前です。
  花は直径30cmほど、ボタンなのかダリアなのか解らない。
  そこでボクが命名した。)

私はダリアのような感じがしました。もちろん当てづっぽうです。(笑)

最近お会いされていない車椅子のご婦人にお会いすることができるといいですね。
 (hide-san) さん へ (もののはじめのiina)
2017-11-15 10:58:46
すれ違い様に大きな声で、「わっ」と聞こえたならビックリします。
それが「おはようございます。」と言いたかったとは、面白い成り行きでした。

数年前、会社に通う道で 毎朝 とぼどほ歩くご婦人に出会います。
そのご婦人が、ある日 自転車に乗っているのを見て驚きました。
歩くことさえおぼつかなく見えたのに、自転車に乗っているのですから・・・、iinaには に乗っていたよな衝撃です。

> 上空からの写真は異次元で興味深いですね。
上空からの眺めは別世界ですから、人生の中のわずかな機中の時間を、できるだけ景色を見て楽しむようにしています。
外国旅行でなく、国内を飛ぶのもありです。

こんばんは (ytakei4)
2017-11-17 11:14:46
「わっ」と言うのも「おはよう」と
言っているのかもしれませんね。
そう考えると納得がいきます。
masamikeitasさん いつもコメント有難うございます。 (hide-san)
2017-11-17 17:25:42
花は美しければ名前なんてどうでもよろしいかと・・・・。
もののはじめのiinaさんコメントありがとうございます (hide-san)
2017-11-17 17:28:05
歩けないから、お年寄りは自転車に乗りのだと、
うそぶいていました。

恐ろしいことです。交通法規以前の問題ですね。
ytakei4さん コメント有難うございます。 (hide-san)
2017-11-17 17:30:12
ご高齢になるといろいろ障害が出てきて、
健常者には理解できないことが度重なることでしょうね。

理解する人がいることは幸なことです。
我々も理解する努力を (ウォーク更家)
2017-11-19 17:31:49
最近は、色々な障害を抱えた方々と町中で遭遇する機会が増えた様な気がします。

もし、車椅子や駅の施設などの充実で、障害を抱えた方々の外出機会が増えたのであれば、それは良いことだと思います。

また、障害者の家族の方も、昔の様に家に閉じ込めたりせずに、病状についての世の中の理解を得るために、積極的に外出させているのも良いことだと思います。

あとは、我々が、色々な障害の現れ方を理解する様に努力してゆくことが、真に豊かな社会への道筋だと思います。
ウォーク更家さんコメントありがとうございます。 (hide-san)
2017-11-20 12:06:59
>積極的に外出させているのも良いことだと思います。

最近は沢山の障碍者の方に出会いますね。
出来るだけ外出されよう去れと良いですね。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事