楽しんでこそ人生!ー「たった一度の人生  ほんとうに生かさなかったら人間生まれてきた甲斐がないじゃないか」 山本有三

     ・日ごろ考えること
     ・日光奥州街道ひとり歩る記
     ・おくのほそ道を歩く

中秋の名月

2017年10月04日 | つれづれなるままに考えること
旧暦では、秋は7~8~9月を指し、中秋は秋の真ん中の8月、
中でも十五夜は空気が澄んで月が最も見やすく美しい月と言うことで、
観月の宴が催された。

それで中秋の名月と呼ばれるようになった。
その旧暦の8月15日は2017年は10月4日つまり今夜の「月」である。

幸い東京は晴れて月が美しく、老妻と交互に窓から月を眺め楽しんだ。

その名月の数々をご覧ください。

(雲にかかる名月)

(雲から顔を出した名月)

(雲が切れた名月)

(ウサギが餅をついている?名月)


高校生の頃、国語の授業で次の狂歌を教わった事を思い出した。

・つきづきに つきみるつきは おおけれど
        つきみるつきは このつきのつき


先生の質問は、この中に出てくる「名月」の月(moon)は、何回ですか?
であった。

皆さんお考え下さい。これは簡単に答えが出ますが、
その時、先生は、次の狂歌を出して、この意味が解りますか?と質問された。
高3の時だった。

・たそにたそ たそたそにたそ たそにたそ
            たそにたそとて なにもなきかな      (よみびとしらず)


さあてどんな意味でしょう?

お考え下さい。





高校生三年の時、「考えなさい」と言って、先生の授業は終わってしまった。

今、考えると禅宗のお坊さんが、読んだような気がする。

ボクが考えたその意味は、

「誰と誰? 誰と誰だ? 誰と誰?
   いったい誰と誰なんだ そんなに詮索しても 何にもないよ 人生は」


である。

どのように考えましたか?


ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 会社の同窓会 | トップ | 双子の葡萄 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
昨日の月は、光り輝いていましたね。 (masamikeitas)
2017-10-05 06:25:55
hide-sanさん、おはようございます。

>(雲が切れた名月)

昨日の月は、光り輝いていましたね。
中秋の名月にふさわしい月だと思いました。(笑)

>・たそにたそ たそたそにたそ たそにたそ
         たそにたそとて なにもなきかな (よみびとしらず)
さあてどんな意味でしょう?お考え下さい。

さっぱりわかりません。(苦笑)
・つきづきに つきみるつきは おおけれど
        つきみるつきは このつきのつき

こちらの狂歌は聞いた覚えがありますが。
名月 (iina)
2017-10-05 09:24:02
きのうのわが町は、「ちょい呑みフェスティバル」でしたから、2500円のチケットを買って3軒をはしごしてきました。
各店で、つまみ1点とお酒またはビール等が1本つきます。

そのときに、隣の方に今夜は「中秋の名月」と教えられましたが、帰りは曇っていたので諦めて帰りました。
「月々に月見る月は多けれど月見る月はこの月の月」を、思いツキ もしなかったです。


>青年が、ボクに「ユニホームカバンに持っていますから着ませんか」には驚きました・・・本人も阪神ユニホーム着ているのに、ボクにも貸してくれると言う
阪神愛が嵩じて、座席を阪神カラ―で埋めようという計らいなのでしょうから、頬笑ましいです。

外野席が特に応援熱心で、ヤクルトも 途切れることのないほど叫び熱狂しています。今回の内野席でさえご覧の傘上げです。

こんばんは (ytakei4)
2017-10-05 20:24:57
今度は11月1日の十三夜の月ですね。
両方見た方がいいとか。
ご苦労さまです。 (yukiusagi)
2017-10-06 05:12:32
hideさん お早う御座います。

たそにたそ たそたそにたそ たそにたそ
            たそにたそとて なにもなきかな 

意味が分かりませ~んm(__)m

夕べは十六夜 本当に空気が綺麗ですから綺麗なお月さまでした。 

奥様も大変ですね。 何処が痛くても困りますね。
お相手には感謝の心を…頑張って下さいね。

いつも有難う御座います。  

コメントを投稿

つれづれなるままに考えること」カテゴリの最新記事