自然となかよしおじさんの “ごった煮記”

風を聴き 水に触れ 土を匂う

今日は晴れ。宇宙を覗くと……

2016-11-02 | 日記

今日はよく晴れました。大型望遠鏡を使って,天体をゆっくり見る機会を得ました。写真は接眼レンズにコンデジを付けて撮ったものです。

昼間に見えた一等星アークトゥルスです。青空に,ダイヤモンドのようにきらきら光っています。37光年先の恒星なので,今日見えた光は37年前の光ということになります。今日アークトゥルスを発した光は,37年後地球に届くことになります。直径は太陽の17倍。宇宙を覗くというのは,そんな遥かな世界を垣間見ることを意味します。


太陽は,ほんとうは白色ですが,目を保護するために赤いフィルターを付けて観測します。よくよく見ると,周囲にプロミネンスがわずかに見えます。太陽までの距離は,光で8分20秒程。新幹線の速さで57年。


夕方,三日月が輝いていました。きれいな弧と凸凹面が印象的です。クレーター名には,10人の日本人の名が使われています。地球からは37万キkm,光で1.2~1.3秒の距離。


西の空で金星がピカッと輝いていました。昼間も観測できます。惑星なので,太陽光を反射し輝いています。ひときわ明るいのは,金星を覆う濃硫酸の雲が太陽光を反射しやすいからです。太陽が右側にあるので,そちら側が光っています。左側がわずかに陰になっているのがわかります。まもなく,太陽のあとを追うように山の向こうに沈んでいきました。

  
昼間の観測と重なる時間帯に気象衛星「ひまわり9号」がH2Aロケットで打ち上げられ,無事に成功。これから軌道修正がなされ,地球から月までの距離の10分の1で静止軌道に入ります。

というわけで,初めての天体写真アップ日となりました。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キクと昆虫たち(4) | トップ | キクと昆虫たち(5) »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL