自然となかよしおじさんの “ごった煮記”

風を聴き 水に触れ 土を匂う

今,タンポポと訪花昆虫

2016-12-09 | アカタテハ

初冬の朝。快晴。公園の空気はヒヤッとしていて,強い日差しが頭を照らします。黄や茶に色づいた,山の広葉樹は葉をゆっくりゆっくり落としていきます。

公園にはあちこちにセイヨウタンポポが咲いています。その数は目立つほどです。綿毛もあちこちに。一年中咲き続けるひみつが隠されているだけに,さすがにたくましい種です。 

 
小さな昆虫がいると思って見たら,ツマグロキンバエ(メス)でした。「よし,よし」と思いながら,そっと近寄って写真に収めました。花粉がからだに付着しています。わたしの気配を感じるとすぐに向こうに行ってしまいました。


花を順に見て行くと,ツマグロキンバエは意外とあちこちにいました。寒いのに,ずいぶん頑張っているのでびっくり。

別の昆虫もいました。キゴシハナアブです。一つの花で,ツマグロキンバエとなかよく花粉や蜜を舐めています。それも,ぐっと頭を突っ込むようにして。

 
これらの昆虫たちは間もなく活動を停止します。そう思うと,なんだか名残り惜しそうな風景に見えてきました。 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クリ林の生きものたち | トップ | 地域ミュージアムで考える(... »
最近の画像もっと見る

アカタテハ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL