自然となかよしおじさんの “ごった煮記”

風を聴き 水に触れ 土を匂う

キタキチョウの孵化(1)

2017-05-18 | 昆虫

キタキチョウの幼虫の食草メドハギが伸び出してくる頃です。いつもキタキチョウを見かける山裾でメドハギの様子を見ると,長いもので30cmぐらいになっています。ほとんどは10cm内外といったところ。

「もしかすると卵か幼虫が見つかるのでは?」と淡い期待を抱いて探してみました。結果,どうでしょう。淡い期待どころか,卵も幼虫も見つかったのです。

幼虫は食痕から見つかりました。それも3匹も!

 

卵は7個! 先がぐっと絞るように細く伸びた,純白の卵です。葉裏に比較的多く,表側にもいくつか,といった感じです。卵は茎の先端近い葉に産み付けられるようです。そこは真新しい葉が固まった状態なので,産み付ける側が表でも裏でも大した違いはないのかもしれません。

下写真の卵は頭部辺りに黒い点があります。順調にからだが形成されていきつつあるのです。


殻が残されたままになっていました。どうしたというのでしょう。たいていなら幼虫が誕生後に食べる第一食になるはずなのに。もしかすると,誕生してすぐ身に危険が及んだのかもしれません。


とにかく,先の7個については身近に置いて飼育観察しながら画像記録を残していきたいと思っています。それで,採集して持ち帰ることにしました。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« セダカコガシラアブの吸蜜活動 | トップ | ジャコウアゲハ観察記(その... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL