自然となかよしおじさんの “ごった煮記”

風を聴き 水に触れ 土を匂う

新緑ハイキング,奈良若草山原始林周遊コース

2017-05-13 | 旅行

先頃,恒例の新緑ハイキングに行ってきました。地元実行委員会が主催する行事で,ゆっくりした行程,適度な運動量,安心安全なコースが人気を呼んでいます。全部やっていただいて,もったいないぐらいの旅! 今回は「世界遺産『奈良・春日山原始林』周遊コースを歩く」と銘打った歩行距離11kmのハイキング。その報告を写真ですこしばかり。

天気は朝は晴れ。天気予報によれば午後気圧が不安定で雷を伴う雨が予想されている模様。そのとおり,午後雲が出てきて遠鳴りがして心配しましたが,なんとか持ちました。やれやれ。

古木がぬうっと幹と枝を広げ,淡い若葉を付け始めています。

 
若草山の頂上にて。市街地を遠望。春霞がかかっていても,平城京址がくっきり。

 
シカは神からの使い,とか。大事にされています。


鶯の滝水は原始林からの贈り物。広葉樹林を潤しながら流れ出て来ます。 


休憩所にウンコが落ちていました。大型哺乳類の落とし物でしょう。ムササビ? タヌキ?  それとも……。

 
スギの植林が所々にあって,生えていたのがウラシマソウ。

 
スギの巨木がドカーンと空に向かっていました。梢はいずれか。威風堂々としたその姿に圧倒されました。


歩数1万8000歩。適度な運動量になりました。清々しい空気をいっぱい吸って,目にやさしい景色をたっぷり取り込んで,適度におしゃべりして,たくさん写真を撮って,……。健康な一日を過ごせ,今日も感謝。 

 
実行委員の皆さん,下見そして案内,ありがとうございました。深謝。 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« レモンの木で見た生態系 | トップ | ジャコウアゲハ観察記(その... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL