紀州・有田で田舎暮らし

思いつくままに野菜や果実や漬物を作ったり、時には青春する心を求めてさ迷ったり、気ままに田舎暮らしを楽しんでいます。

秋祭り前夜 「早寿司」を頂いた 早速、ほおばった

2016年10月08日 21時40分25秒 | 田舎の食&漬物作り

ご近所さんが、祭りにと作った「早寿司」を持ってきてくれた。昔はどの家庭も「なれ寿司」を作った。今は「早寿司」でさえ作らない家庭が殆ど。

持って来てくれた「早寿司」、夕食を済ました後だったが別腹とばかり待ちきれずに1個だけ頂いた。美味い!!! 一足早く、祭り気分を楽しませてもらった。

和歌山のラーメン屋さんに置いている「早寿司」とは比べものにならない。1個が大きいし、しかもしっかりと重しを載せるので酢飯もギッシリ詰まり、載せた鯖やショウガの風味がご飯に滲み込んでいる。また、それらを包み込んでいる「アセの葉」が上品な香りを醸し出している。

<写真:早寿司を10個頂いた>

<写真:待ちきれず、早速1個だけ開けた。「アセの葉」2枚でグルグル巻きに包みこんでいる。>

<写真:早寿司は、酢飯の上に酢でしめた鯖の切り身とショウガがのっている>

 

ジャンル:
郷土料理
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安納芋 今年、初めて掘った | トップ | 極早生みかん:「由良早生」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

田舎の食&漬物作り」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。