紀州・有田で田舎暮らし

思いつくままに野菜や果実や漬物を作ったり、時には青春する心を求めてさ迷ったり、気ままに田舎暮らしを楽しんでいます。

我流 大根の種まき

2016年09月15日 18時42分04秒 | 家庭園芸

昨年も、たまたま9/15に種まきをし、その1週間後に発芽状態を確認していた。その時のブログ記事を引用すると、「大根の1カ所1粒植えは、教科書にない自分流の植え方。何と、種袋に書いてあった発芽率85%以上どころか、ざっと見渡したところでは100%に近い。1畝を丁寧にみると97%の発芽率。1袋300粒余りを3畝に分けて撒いた。順調に育てば290本以上の大根が収穫できることになる。」とある。

今年も1カ所1粒の我流の種まきをし、1袋・約340粒を撒いた。さて、1週間後の発芽率がどうなるか・・・

世間並みの1カ所3粒程度の植え方だと間引き菜を楽しめるものの、1袋の種で収穫できるのは約100本。我流だと植え付け場所が3倍必要になるが、3倍の約300本の大根が収穫できる。間引く手間も要らない。

予定では、60kgの大根の麹漬け用に1本300gとして200本が必要。料理などに20本程度使うとして、残り80本程度は干して本格的な糠漬けを作ろうと思っている。我が家では、最低でも300本の大根が必要で、間引き菜にするのはもったいない。

間引き菜が食べたければ、葉大根をギッシリ植える方が効率的なのにと思ってしまう・・・

 

 

 

 

『家庭菜園』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 梨が樹に残ってた | トップ | ヘェー これが宇都宮餃子な... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

家庭園芸」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。