歴史に学ぶ人事・経営論

横浜の社会保険労務士・行政書士関口英樹です。

秋の深まりとともに職責を感じる関口

2016-10-14 09:11:42 | 日記
行政書士の徽章(バッチ)には、秋桜(コスモス)が描かれており、花言葉である「調和」「謙虚」を意味します。
社会保険労務士の徽章は菊花であり、花言葉は「誠実」です。
両花とも、秋に咲く花です。
開業から、
10年弱となろうとしている今日この頃、秋の深まりとともに、今一度、資格者の原点に立ち返り、気を引き締めなければと感じる関口なのでした。

ジャンル:
コーチング・マネジメント
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 社員選考基準について | トップ | 皆さんの立場について »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。