歴史に学ぶ人事・経営論

横浜の社会保険労務士・行政書士関口英樹です。

経営者のサポート役について

2017-05-16 09:25:30 | 日記
織田信長の家臣であった山内一豊は、越前の朝倉義景を討つべく、連合軍の一員として、出陣していた。
一豊は、功名を上げるべく、身分不相応に多数の家臣を抱え、出陣したにも関わらず、織田連合軍は大敗を期してしまう。
(金ヶ崎の戦い)

その再戦命令の際、先の敗戦で多額の軍資金を使い果たした一豊は、不意の出撃命令の軍備を整えることができず、支度金に窮していた。

一豊は妻に対し、「腹を切る、腹を切る」と駄々をこねる。
すると妻は、どこからか黄金10両を都合してきて、一豊の窮地を救った。
その金は、「いざ鎌倉」の際使うようにと妻の母が嫁入り道具として持たせた金なのだ。

その後、数々の功績を認められた一豊は、土佐藩初代藩主として、20数万石の大名となった。

「名君の隣には、賢妻あり」
これはビジネスでも、同じではなかろうか。
皆さんにおかれましては、このところ順調で何よりです。
それは皆さんを常にサポートしてくれる方がいるからでしょう。
皆さんのご意見、待ってます。


4月に雇用保険料率が変更になりました。
9月には、厚生年金保険料が改正予定です。
毎年数回、必ず改正される労働法令の改正に、対応できてますか。

建設業の方へ
28年6月から、「解体工事業」の業種が分離・独立しました。
「とび土工」の資格で、解体工事をすることはできなくなります。

ご質問は、遠慮なく。


~中小企業の法務担当~
社会保険労務士・行政書士 関 口 英 樹
〒221-0001
神奈川県横浜市神奈川区西寺尾3-3-20
℡&F 045-401-0842
携 帯 080-1174-9553
E-mail hide@hide2008.com
http://www.hide2008.com/
★就業規則・労働社会保険手続き
★特別加入(社長・一人親方の労災)
★会社、NPO、一般社団法人等の設立
★建設業許可、経審、入札参加資格申請
<労使一体・攻防一体の経営をサポート>

ジャンル:
コーチング・マネジメント
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 経営判断の件 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。