やっとかめ

とある事情でブログタイトル変えました
やっとかめとは岐阜の古い方言で久しぶりという意味です。

少しずつ…

2017-03-21 | 会議室
ぴよこの最近の口癖は、「ばあちゃん、私、前より成長した?前が5段階評価で1だったら今はどれくらい?」です。、
さすがに自分でもうちに来る前は最低ランクだったことは理解しているようです(苦笑)

ばあちゃんの評価は中々厳しいので気持ちの上では4あたりをつけてやりたいけど、現状で4をつけてしまうとこの先足踏みをしてしまいそうだからぐっとこらえて3です。
成長の速さで言えば5の評価でもいいのですが、いかんせんスタートラインがあまりにも酷くてマイナス分を取り戻すだけで4~5ヶ月かかってしまったからこれからが本番です。
ぴよこにとっては何もかも急激な変化でした。親とはなれて祖父母の家で養育されることだけでも大変な環境の変化です。そしてそこに待ち構えていたのはそれまでの自分の生活を全否定されるような規則正しく、口うるさく指導されっぱなしの息がつまりそうな生活。生まれて一度もした事のない膨大な勉強(笑)
前に遊びに来ていたときと違って上げ膳据え膳のもてなしなど全くなくて自分でできる事は自分でやるという毎日の生活に戸惑いながら反発しながら今も頑張っています。

くじらは「やれば出来る」という言葉と「あなたのためだから」という言葉が大嫌いでした。
でもぴよこを目の前にして実際この言葉が必要なのを知りました。
やれば出来るとは限らないけどやってみなければ何も始まりません。やってみて出来た場合はやれば出来るです(笑)やりもしないくせにやれば出来るというのが出来ないものの言い訳、あるいは意味のない慰めなんです。ちょっとやればできるようになる人、かなり頑張ってやれるようになる人、頑張っても結局出来ない人、いろいろあります。それを十把ひとからげにやれば出来るなどというのが厭なんです。
幸いぴよこはやれば出来る子でした。だけどそれはやってみたからこそわかったことで、あのまま放置していたらやれば出来る子にはなれなかったと思います。
家族が離れ離れになって暮らすというのはとても不幸なことですが、長い目で見た場合これがきっかけでぴよこの生活の建て直しや学力の回復が出来たと考えれば悪いことばかりではないと考えてます。
まともに機能していない家庭の中で放置されっぱなしで育つよりも、まだ小学生という年齢のうちに生活環境を変えたのは不幸中の幸いだったのではないか…
そして「あなたのためだから」は、必要以上に過干渉の場合は実にありがた迷惑なセリフですが、必要最低限の基本的なしつけすらろくにされていなかったぴよこにとってこのセリフはどうしても不可欠でした。
あまりにも自己評価が低すぎて自分のためという意識が殆んど理解できなかっったぴよこに、自分が幸せになるためのステップアップだということを教える必要がありました。
自分の存在が周りを不幸にすると思い込んでいたぴよこ。だけどどうしたらいいのかわからない。何をやってもうまく行かなくてかえって迷惑をかけてしまう。いつも人の顔色をうかがってるのに、結果的にはたいてい間違った選択した出来ずにどんどん自己評価を下げていったぴよこ。ぴよこにとって失敗は成功の元ではなく更なる失敗の土台でしかありませんでした。
だからぴよこを養育するに当たってとにかく「これからじいちゃんやばあちゃんがあなたに言ったりやったりすることは誰のためでもなくあなたのためです。あなたに幸せになってほしいからであって、じいちゃんやばあちゃんのためにやるのではありません」と何度も何度も言い聞かせました。
それでも失敗をするたびに「私のせいでじいちゃんやばあちゃんが悲しむ。みんなを不幸にしてる」と落ち込むぴよこにしつこいほど「あなたが幸せになればじいちゃんもばあちゃんも幸せなんだ」と繰り返し繰り返し言い聞かせました。くじらの人生の中で「あなたのためだから」というセリフをこれほど使わなくてはならなかったのはある意味皮肉です(苦笑)本来大嫌いな言葉だったのに。

預かってから半年余りが過ぎ、ぴよこの意識も徐々に変化を見せてきました。
少しだけ自己評価が上がってきてるように見えます。もう現実逃避のためにゲームに没頭することもありません。ヴァーチャルな世界よりも現実の世界の中でコミュニケーションがとれるようにもなってきました。まだまだコミュ力には劣りますが、コミュ障は先祖代々の血筋なので仕方ないかも(笑)
今日は少し熱っぽかったので学校を休ませてせがれに病院に連れて行ってもらってますが、行く前に「ちゃんと自分の口でお医者さんに説明できるね?」と言ったら
「それくらいできるよ。もう小さい子どもじゃないから。少しずつ大人になっていかないとダメでしょ?だからちゃんと自分で説明するよ♪」と自信満々に答えてました。

そう、これからは少しずつでいい。これまでは遅れを取り戻すためにがむしゃらにやってきたけど、これからは少しずつ賢くなって、少しずつ大人になって、少しずつ幸せになっていけばいい。
そしてそのうちにくじらが「あなたのためだから」というセリフを口にしなくなるときが訪れるでしょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ぴよこショートカットにする | トップ | 落ち着かない »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。