triskaidecagon

『triskaidecagon』は『13角形』

秀のブログです。主に写真。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アイドルマスター MASTER ARTIST2 03 星井美希

2011年01月11日 17時18分08秒 | IM@S
アイドルマスター MASTER ARTIST2 MEDLEY 03 星井美希


アイドルマスター MASTER ARTIST2 03 星井美希の全曲感想。
上記はメドレー形式のダイジェスト版。

02.Day of the future
作詞:オミ織葉 作曲:Tatsh
音楽に詳しくないからイメージだけなんだけど、クラブなんかでかかるアッパー形のフロアダンスミュージックに歌が乗ってるような曲。踊ってる人の頭身が高そうというか、それらしくかっこいいというか。
個人的に非常に好き。音楽としては苦手な種類なんだけど、これまでの『美希の新曲』って恋愛イメージのキャラクターソングばっかりで、アイドル星井美希の姿が思い浮かばない曲だったと思うんだけど、この曲は『美希はこういうアイドルだよ』っていうテーマソングとして受け取りやすい。(たとえば春香なら太陽のジェラシーとか)
特に「グッバイメモリー」のところで強く感じたんだけど、シャープでかっこよい感じと可愛い感じが融合していて素晴らしい。
歌のメロディーには無いけど、最初と最後で繰り返されるテーマがすごく耳に残る。
作詞作曲の方を調べると、東方の音楽同人に縁のある方たちのようです。


03.ふるふる☆フューチャー
上記で例に出した「これまでの美希の新曲」にずばり当てはまる曲。これはこれで嫌いじゃないんですけどね。
中学生ぐらいの女の子が恋愛に夢中になっちゃったような、べた甘の恋愛ソングです。
音楽としては……表現しにくい。多分、普通のこの手の楽曲に比べてアレンジの楽器の音色が二つぐらい多いんじゃないかと思う。
聞き比べまではしてないんだけど、初出のMAに比べるとややシャープな印象の歌い方になってるような、あんまり変わんないような。


04.Squall
しっとりとやさしい印象でゆっくりと歌っている曲。まぁ、曲がそもそもいい曲ですわ。
楽曲中のハミングというのか、「はん、はん、ふーん」見たいな部分が美しく決まっていて、歌い手の地歌の上手さが出ているように思います。
同様にハミングといえば、これまでどこか映像で見かけた過去のアイドルマスターイベント(グレートパーティ)で中の人の長谷川さんが「ふるふる☆フューチャー」を歌っていて、曲中の「な・な・な」を全部ハミングしてるんですが、それもすごく魅力的だった。


06.Tip Taps Tip(Version Miki)
3人別アレンジ共通カバー曲。
ついに迷子も宇宙に来ました、って感じか。
原曲のようなどこと無く悲しい感じというのはあんまり無いと思うし、歌い方も明るいんだけど、なんとくなく寂寥感を感じさせる面白いアレンジだと思う。(というか、この辺は俺の宇宙のイメージが反映されてるだけかもしれないけど)


08.MEGARE!(M@STER VERSION)
おい頑張る気あるんかいな! と言いたくなるだるい感じをよく出してて、面白い。
セクシーもエロくはないけど照れも無いみたいね。まぁ、どこまでもマイペースに平常心、そんなキャラなんでしょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アイドルマスター MASTER ARTIST2 02 我那覇響

2011年01月09日 18時28分09秒 | IM@S
アイドルマスター MASTER ARTIST2 MEDLEY 02 我那覇響


アイドルマスター MASTER ARTIST2 我那覇響の全曲感想。
上記はメドレー形式のダイジェスト版。

01.TRIAL DANCE 
作詞:yura 作曲編曲:中西圭三/小西貴雄
格好良い踊れる曲、というイメージなのだと思う。作曲家もメジャーっぽい有名な方の様子。調べると大変なことになってる。
アレンジにどことなくアラビアの伝統音楽をイメージさせるメロディを織り交ぜながら、現代日本のポップスに仕上がっていると思う。
リズムよりもメロディを重視した楽曲のような気がするので、フロアで適当に踊るというよりダンサーの人が格好良い踊りを披露する感じなのだろうなぁと思う。
まぁ、個人的に得意かどうかで言ったら苦手な部類の曲なんですが、流れるような美しいメロディが素晴らしいと思う。
アイドルマスターの楽曲は全体的に「ゲーム」という大枠があるし、アニメ/ゲーム文化圏の「ああいう音楽」が基本にあって、MSシリーズではその枠にほかの種類の音楽を引き込もうとした感じがあったと思う。
MA2では枠を一回り広げた上で近づいていこうという気概あるのだと思うと、象徴的な曲なのかも。
というか、あの絵面のアイドルマスターでかっこいい曲をやろうというのだから、気持ちの強さはあるよね。

05.DREAM
元々の楽曲は、2010の春頃に出ていたベストアルバム収録の新曲(合唱)だったものを一人で歌いなおしている形。
どこで見かけた意見か忘れちゃったけど、バトルアニメのOPテーマっぽい曲。
大サビから終末にかけて、OP画面のカット割が見えるかのようです。
「銃弾」とか「戦え」とか、まぁあの絵面でおなじみなアイドルマスターらしいテーマの歌詞でないのは間違いないかも。
ウェスタンっぽいギター(に、聞こえるんだけど)とか、熱い演出がエライかっこいいです。

07.Tip Taps Tip(Version Hibiki)
3人カバー別アレンジの楽曲。
今回の3パターンの中では原曲に一番イメージが近いかも。直前のDREAMからウェスタンのイメージを連れてきてる感じはある。
ただまぁなんというか、だいぶ厚みのあるアレンジがかなり力強くて、「この先に行けば、頼もしいアイツが待ってるぜ!」的な熱血展開を想像させる感じが強い。

09.涙そうそう
有名な曲。悲しい歌を、響がとつとつと歌っている印象があって良いです。

11.MEGARE!(M@STER VERSION)
共通新曲。
響はやや馬鹿っぽいぐらい元気良くて、セクシーに自身が無いっぽいです。可愛いなぁ。
部分部分の演劇的な歌い方がはっきりと特徴的で、よりコミカルな印象が強いかな。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

MASTER ARTIST2 01 天海春香

2011年01月09日 17時17分08秒 | IM@S
アイドルマスター MASTER ARTIST2 MEDLEY 01 天海春香


アイドルマスター MASTER ARTIST2 天海春香の全曲感想。
上記はメドレー形式のダイジェスト版。

02.START!!
作詞:白瀬彩 作曲:宮崎誠
可愛らしくて元気のよい「アイドルっぽい」イメージの強い曲。
テンポが速くて力強いドラムの印象が強いアレンジなんだけど、管楽器が入ってたりギターがリズムばっかりだったり、手拍子が入ってたりしていわゆるロックみたいな印象とはだいぶ違うんだけど、最終的に聞いた印象よりもずいぶん勢いの良いアレンジだと思う。
アイドルマスターの曲は、春香ソロの場合に「プロダクト全体」を暗示するメッセージ性が強い場合が多い(そうでないことももちろんある)んだけど、「ガンガン行ったる」という気持ちと「とにかく可愛らしく」という両方の気持ちを感じられる曲だと思う。

03.太陽のジェラシー(M@STER VERSION)
ゲームセンターにあった頃から入ってた楽曲の再録バージョン。
特徴的だったコーラスが無くなったのが大きな違いだと思う。
最初っから「なにがそんなに嬉しいのかわからんぐらい嬉しそうに」というディレクションだったという話を聞いたことがあるんだけど、再録でとにかく嬉しそうな印象がより強くなったと思う。
しかしなんというか、この曲はアレンジがものすごく豪華で、ポイントになる楽器の使い方が素晴らしく楽しい。
元々好きな曲だけに、再録は嬉しい。

05.世界でいちばん頑張ってる君に
車のCMで使用されていた曲だとか。
優しくゆったりのびのびした曲で、上二曲の元気溌剌とはまた違うイメージで作られていて良いです。
ゲームのキャラクターのあの子がほこほこ散歩でもしなが歌ってる画像が思い浮かんで、微笑ましいというかなんだか無性に嬉しい気持ちになります。
元々いい曲なんですな。

07.Tip Taps Tip(Version Haruka)
MASTER ARTIST2 の目玉といえば目玉である、同じ楽曲のカバーを3人でそれぞれ別のアレンジ歌う楽曲。
『エウレカ7』というアニメで使用されていた曲だとか。
元の楽曲を聴くと、「虚無的な世界で答えを探して彷徨う」みたいな心細さを伴う感じの曲なんだけど、このバージョンはとにかく可愛らしくて、まぁ迷ってることは迷ってるんだろうけど「いいものが見つかるといいね」みたいな幸福な雰囲気が支配的で、原曲とはまったく違った解釈になっていて、しかもそれが容赦なく伝わってきていると思います。

原曲はこちら

09.MEGARE!(M@STER VERSION)
MASTER ARTIST2 の共通新曲。
アイドルマスターのお約束「全員でおんなじ曲を歌う」という楽曲。アイドルマスターらしく「アイドル活動」を主題にした悲壮な部分があるわりにややコミカルな歌詞という曲。
「よろしくちゃん」「アンド・セクシー」「がんばるよー」という歌詞の部分の演技がそれぞれのキャラクターによって特徴的だったりと、聞き比べて面白い作りになった、もともとのアイドルマスターらしい曲なんだと思う。
春香は「わざとらしいぐらい徹底的に可愛い」と、いうことなのかな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

triskaidecagon_ 11月分よりぬき_a

2010年11月16日 23時43分25秒 | twitter
誰が言い出した言葉なのか知らないけど、薄い本ってのは優秀な隠語だな

戸塚駅周辺が再開発されて大変なことになってた。とつか再開発くんどころの騒ぎじゃなかった。一区画丸ごと建物にしてやがる。シムシティで言ったら低密度商業地帯を高密度に張り替えたら4x6ぐらいの大型商業施設が生えて来た感じだった。つたわらねー。しかしまぁ、ビックリした。

渡嘉敷島はわりと本島に近いなww #imas2 http://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&q=渡嘉敷島&z=10

猫にしたから似てるっつってもほどほどなのであって、ウサギに戻しちゃったらマズいよねw http://www.47news.jp/CN/201011/CN2010110201001036.html
思い出した! 「たこぶえ」だ! アレをねずみに戻すわけにはイカんよな、という事を思いました。 http://www.47news.jp/CN/201011/CN2010110201001036.html

世界第3位のPCラーメン構造の橋といえば江島大橋ですが、これだけ文字にするといろいろと突っ込みどころが多い。プレストレスト・コンクリート(PC)を使用しており、柱と桁が一体となった構造(ラーメン構造)の橋なんだそうな。

triskaidecagon_のペンネームは『星月信長』で、『ドキッ☆恋は御法度!?痴漢電車』という新連載を始めます。 http://shindanmaker.com/59393 案外嫌いじゃないです

そういえば、先日、殊能先生が話題にしてらした日笠陽子さんがモンハン(ゲーム)の宣伝番組で小林ゆう(声優)さんと競演してました。そしてアレなことに定評のある小林ゆうさんの絵に突っ込みを入れまくる日笠陽子さん、という構図のトークをしてる。
前々から思ってたんだけど、小林ゆうの絵が「面白いもの」として扱われる状況に違和感を感じる。目の前にアレが出されたらとりあえず笑うしかないのは判るんだけど、どっちかっていうと心配になる感じのものだよ。明智抄の初期始末人シリーズ的というか。

そういえば、ここ1~2年で、WEBでしか公開されてない映像/音声コンテンツを「番組」と呼ぶことにすっかり抵抗が無くなった。さっき話題にした『モンハン(ゲーム)の宣伝番組』は、「モンハンラジオ」というWEBストリーミング/Podcast配信のラジオ番組です。

春香さんの「普通♪」は、プラトンがイデアとして語るものに当たる普通。いわば物事の抽象、理念としての本質であり。歪み無く常に一般的であるという意味での「普通」、それこそが春香さんの「普通♪」なのだ。……というネタを思いついたんだけど、そんなに面白くないかな?

Wikipediaで調べると、杉原千畝の「私のしたことは外交官としては間違っていたかもしれないが、人間としては当然のこと。私には彼らを見殺しにすることはできなかった 」という発言が記載されていました。

なんかいろいろと奇想天外すぎて、二の句が次げないぜ。しかも携帯になるのか……。 http://bit.ly/dkdSDJ
多少まじめなことを言うと、人間のコミュニケーションは「会話」であっても「言葉の内容だけ」をやり取りしてるわけじゃないぜ、ということだろうか。まぁ、これが何のどういうものに見えるか、ってのは面白い話になると思う

札のセンスに危うく笑い殺されそうになった「ベルサイユのばらカルタ」ww http://alfalfalfa.com/archives/1388876.html

ロープでぐるぐる巻にされた銅像が印象的。なんでレーニンなのかと思ったら、どっかのレーニン像をシアトルに移設したことを連想してるみたい。 boingboing.net/2010/11/11/tra…

上海のビル火災の写真 Towering Inferno - Boing Boing: boingboing.net/2010/11/15/tow… 写真には、ビデオとはまた違う力がありますね

良いとか悪いとかについて思うところはあるんだけど、それはそれとして世間の評判と刑事罰適用の乖離を指して。「梶川与惣兵衛症候群」とか名前をつけたらどうだろうか? (梶川は、松の廊下で浅野内匠頭を取り押さえて評判が悪くなった人の名前)

インターネットだけに殺されるわけじゃないと思うけど、これぐらい頓知が効いてると応援したくなるね。サンフランシスコはちと遠いけど Internet Killed the Video Store - Boing Boing: boingboing.net/2010/11/15/hel…

インパクトがハンパ無い自動道路作り機「Tiger-Stone」レンガ敷きとか事前の整地必要ありとか突っ込みどころも多いけど、なによりこの絵面が強烈だわw Brick-road-laying machine - Boing Boing: boingboing.net/2010/11/15/bri…
「Tiger-Stone」本家サイト動画ページ。やっぱ動いてると更にインパクトあるぜ http://www.tiger-stone.nl/index.php/multimedia/filmpjes 会社の所在地は、オーストラリアのOOSTERHOUT らしいぞ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

triskaidecagon_ 10月分よりぬき

2010年11月16日 23時40分02秒 | twitter
TLの方の「バルサンでガス警報」が咄嗟にバルサスに見えて超ビックリ!え!?二作目?みたいな。というか、良くそんなもんが出てきたな俺の脳

らんぷ亭でハンバーグセット的な物を食べたら感動的なぐらいハンバーグがまずかった。海老団子的なものを挽き肉で作ろうとして、途中で鰯のツミレを間違って二割ぐらい混入した後にボイルで仕上げるとあんな味になるのかもしれない。俺は二度と食べないけど、どなたか有志にチャレンジしてもらいたい。

言ってみれば、時代劇に『忍法レーザーガン』が出てきたら「おい、正気か?」と言いたくなるような反応なんだっていうのがやっと判ってきた気がする。フォーマットを知っている人はフォーマットに沿うべきと考える場合もあるけど、知らなかったら別にかまわんとしか思わないもんな。
とはいえ俺は、作者がアクロバティックに行きたいと思ったときに、コンサバティブであるべきと制止したいとはやっぱり思わないんだよな。

すき家に行って、食べるラー油とかメンマがどうこう、という牛丼を食べた。メンマを食べるラー油である程度漬け込んだものが乗っかってる牛丼。これだけ回りくどいにも関わらず味は普通

食べるラー油で思い出したけど、油でまぶしたご飯って、素のビビンパ(焼かないで、生肉とか生卵とか入ってないやつ)がとても美味しい食べ物だと思うんだけど、世間的にあんまりそうでもないんでしょうか

インターネット掲示板でキャラソンとは何か的な話をしている最中に、オタスケマンの最終回にゲキガスキーがアターシャのイメージソングを劇中で歌ってたのを思い出して急に何もかもどうでも良くなりました。やっぱりあのシリーズはすげぇなあ。

「あと五年以内にペーパーは時代遅れになります」ってことか。(もっと上手に剽窃できる予定だった) http://www.cnn.co.jp/business/30000575.html

ラジオの深夜放送的なものなんだけど「ごぶごぶちゃん」が面白かった。後半の占い師コントが特に面白かったなぁ。

子供がヨーヨーをしてるのを見掛けた。いま気づいたけど、ヨーヨーの紐は動いてない部分なのだね。ヨーヨーをして遊ぶ年頃だったときには、ヨーヨーの紐は動いてると思っていたなぁ。あれは勘違いだったか。

おはようございます。他の色に混ざって、紫色だけ八段階ぐらいあるルービックキューブの夢を見た……。揃える面の方が足りないよ!

~でゲソが、~でゲスから来た駄洒落だということに今になってやっと気がついた! なんという衝撃!
でゲスをぐぐったら、「○○でございます」から転化した丁寧語だとか。自分の中ではなんかもうちょっと下世話な印象があるなぁ。なんだろうか。
ということっでぐぐったら、こういうページにたどり着いた。確かに幇間のイメージが強いのかもしれない。「口語で物凄く丁寧に早口で喋る人」という事なのかな http://www.iwanami.co.jp/moreinfo/2402060/geppou.html
と、事ほど左様な思考の流れを経て、イカ娘が実は丁寧語とか、それはそれで可愛いな。ということに改めて気づいたのでゲソ

昨日のCDの売れ行きはこんなだったらしい ■シングル 1 568,095 AKB48/2 14,696 ポルノグラフィティ/3 4,746 DREAMS COME TRUE ■アルバム 1 55,325 放課後ティータイム/2 29,913 中島美嘉/3 28,846 スピッツ
このシングルCDの格差は笑える。何があったらこういうことになるんだw

さぶいなぁ。今年の秋は過ごしやすい時期が短かった。……春も短かったような気がする。我々の適温は不当に搾取されているのではないか!

「女のオタク」が十派一絡げで「腐女子」と呼ばれてるのを見て微妙な気持ちになるが、「男のオタク」だってその程度には十派一絡げで「キモイ」扱いだから同情はしなくてもいいか。

厨房から中国語が聞こえてくる中華料理屋に行って中華の定食を食べたら、スープが味噌汁だった。しかも、長ネギを荒く刻んだのが入ってるだけの中華っぽいアレンジになってて、お味的にも組み合わせ的にも悪くないという、このなんとも表現しにくい微妙な気持ち。

本日見かけた『良いか悪いか微妙な話』!■今まで見たアイマスとの出会いで一番凄かったのは夢に出てきた親切なお姉さんを店頭のPVで見つけてその場で号泣、本体ごと即購入って話だな■感想を言いにくいこの感じ、嫌いじゃない

で、灯油の価格の不動向を調べてみたところ、5年前ぐらいに馬鹿に安い時期があっただけで、今年高いわけでもなかった http://oil-info.ieej.or.jp/price/data/minseitoyu.pdf
ここ五年高いままなだけで、その前に比べるとやっぱり1.5倍ぐらいだ。というか、俺の灯油価格の記憶がなんで五年前のまま変わってないのかという別の謎が発生した http://oil-info.ieej.or.jp/price/data/Sekiyu198704200803.xls

ゲーマガ付録のDDを見終わった。おまけ頑張りすぎw やっぱりアイマス2は面白そうに見える #imas http://gemaga.sbcr.jp/2010/10/12dvd-1742.html

部屋を整理してると超意外な本が出てくることがあるよね。とはいえ、『恋について語ってみようか(ささだあすか)』は想定内としても『ひとみworld夢辞典2(藤本ひとみ)』は想定外だった

ダーティーペアの終わりの歌が好きだったなぁ。いま聞いてもいい曲だ http://www.youtube.com/watch?v=ucCK_IWkQvs

そう言えばちょっと前にけいおんの話をしてて「キャラクターソングって何か」みたいな話をして、そのキャラクターを描写する内容が多いみたいな話になったあと、オタスケマンの最終回でゲキガスキーがアターシャの歌を唄ってたのを思い出したら、なんだかいろいろどうでも良くなった
探したらスペイン語あたりの吹き替えのが出てきたw 3:30頃から歌、歌は元々と同じ。しかし、なにげに三悪の吹き替えの声質が優秀だなこれw http://www.youtube.com/watch?v=c6SFs9-r-BE&feature=related
イタリア語だったらしい。気になる人がいるかどうか判らないけど。しかし、名前はほとんど元のままらしくて、時々キャラの名前だけ聞き取れる。内容はさっぱりだけど。

コナン・ドイルの短編とか読んでるんだけど、この時代のジェントルマンの「フェアプレー精神」は、ネタふりに全乗っかりしていく芸人さんのようだ。ギャグかもしれないと思って読むと、ちょっと笑えて来るな。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

triskaidecagon_ 9月分よりぬき

2010年11月16日 23時38分48秒 | twitter
「どこでもヨガ」というDS用のゲームをみかけてシュールな気分になった。さすがにヨガをする時は場所を選んで欲しいように思う

このくそ熱い中、雨が降ったら水蒸気で大変なことになるんじゃないかという気がしてたんだけど、特にそんなことはなかったぜ。涼しくなっていい具合ですな。ちょっとファンタジーすぎだな、俺

道を歩いていたら、ファー的な何かが落ちてた。キジトラの子猫が倒れてるのかと思いガン見。路肩の藪の上だから、いくら軽くても乗るわけなかった\(^o^)/

苦節二年ぐらいでようやくエメラルドブルームをゲット。これで漸く夢の中で聞こえる「キモーい。エメブル無しが許されるのは小学生までだよね」の嘲笑に怯えずに安眠できるようになるよ。

アイマスに男アイドル登場の情報だけ聞いた。個人的には期待の方が大きい。#imas

昨日TGSに行きました。目的は主にアイマス2。試遊できなくて残念でした。

先週末以来ずっとアイマス2で大騒ぎしている、どっ渦中にいました。架空だと判りきってるアイドルに対して過剰な言論を紡ぐ人々と俺、「開発」と「愛」が余裕で同居する言葉の数々。俺は未来に住んでるな、と思いました
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

triskaidecagon_ 8月分よりぬき

2010年11月16日 23時27分44秒 | twitter
さて寝るか

XBOXのインディーズDLゲー Miner Dig Deep が妙にはまる。「成長要素」なんてこれぐらいでも面白いんだよなぁ

バックベアード様のことを「ロリコンに注意する妖怪」と、最小限の言葉で的確に表現しているカキコミを見て笑った。百年後の妖怪図鑑が楽しみだね

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9・18事件、俺的まとめ(5)

2010年10月15日 22時29分50秒 | IM@S
前記事、当日以降のできごとについて矢鱈に細かくまとめてみました。
発生順や主張の一部を踏まえて、現在の論点を大雑把にまとめてみます。

※再三になりますが、秀個人の視点によるまとめであるため、偏っています。
※多少間違っていても修正は行いませんので、その旨を踏まえてご覧ください。


■現在の論点
時系列順に論点を列挙したものの、詳細について書きすぎたため、判りにくくなったような気がします。
改めて、現在の主な論点をざっとまとめてみます。

●『竜宮小町&律子』が、プレイキャラクターとして使用不可
 ●使用不可であることが確定
  ☆前作で使用できたキャラクターが【使用不可になることがおかしい】
  ☆なんで【最初から発表していない】のか
 ●竜宮小町のメンバー選定について
  ☆要するに人気順なのではないか
  ☆【キャラクター性】を検討してと言っているが信じられない
   ☆俺のシミュレーションだと○○が先行デビューユニットに入ってしかるべき
   ☆俺のシミュレーションだと○○が先行デビューユニットに入っているのはおかしい
   ☆とにかく石原Dの言うことは信じられない
    ☆石原Dのキャラクターの取り扱いは総じて【キャラクター性を理解しているとはいえない】
    ☆石原Dは○○(任意)のため××(任意)である
 ●竜宮小町がメンバー固定
  ☆先行デビューユニットを選択性にしていればよかった
   ☆その場合の律子の立場は
  ☆キャラクター間の関係性を描くシナリオである以上、作業量的に使用可能キャラクターを減らすことはやむをえない
   ☆9C3=84 14C3=286 で、軽く3倍以上違う
    ☆組み合わせ優先のシナリオである必要がない
    ☆客である以上、製作側の都合について考慮する余地がない

●Jupiter参入
 ●男不要
  ☆美少女動物園に男性キャラクターは不要
   ☆美少女動物園と言うのは、美少女だけが存在する世界を外から眺める作品形態
   ☆該当の作品形態において男性を登場させることは、○○に××を混入することに等しい (比喩多数/なぜか食品が多い)
  ☆NTR許せない
    ※NTR=寝取られ
    ※恋愛ストーリーにおいて、恋人候補のキャラクターが別キャラクターと恋人関係になること
    ※(当ブログではソフトな表現を心がけています)
   ☆石原Dのインタビューに寝取られは無いことが明言されている
    ☆可能性を生み出しただけでアウトなんだよ!
      ※ニコニコ大百科【可能性を生み出しただけでアウトなんだよ】 参照
     ☆エロ同人とかどうでも良いですし
     ☆従来からエロ同人なんてひどいもんだったろ
     ☆異性登場=寝取られが、当然のように行われる連想であるという主張が理解できない
      ☆ギャルゲーの文脈上当然の連想である
      ☆ほかのギャルゲー作品でも当然のように配慮されている
    ☆とにかく石原Dの言うことは信じられない
     ☆石原Dは○○(任意)のため××(任意)である
  ☆従来からギャルゲーであるアイドルマスターにおいて、男性の追加キャラクターを登場させることは無作法だ
   ☆無神経さに吐き気がする
   ☆ギャルゲーとは?
    ☆恋愛シミュレーションゲームである
    ☆主に女の子キャラが活躍するゲームである

 ●竜宮小町をプレイ不可とした代償で参入することが許せない
  ☆発表のタイミングが悪かった
   ☆竜宮小町のプレイ不可が確定的になった直後に聞かされたので拒否感が強い
   ☆竜宮小町のプレイ不可の直後に聞いたので八つ当たりをした、今は受け入れている
  ☆竜宮小町を削った代償で、男性ユニットを作成することが許せない
   ☆竜宮小町削除分とJupiter増加分のコストは、等量ではないはず(竜宮小町削除のほうが圧倒的に大きい)
    ☆自分は客なので、コストの計算について関知しない

 ●女性人気を狙っているのが透けて見え、興醒めだ
  ☆女性客も喜ばないに違いない
   ☆キャラクターが陳腐だ
   ☆キャラクター3人でゲーム一本買うほどの魅力があるのか
    ☆特に攻略対象キャラクターでもないので、魅力が少ないのではないか
    ☆XBOX360は女性ユーザー向けのゲーム機とはいえず、購入のハードルは更に高い
    ☆ここまで明確に綺麗なダンスシーンは従来の女性向けゲームには無いので、あるていど期待感はある
     ☆楽曲が多ければ考えてもいい
  ☆だったら最初からアイマスGSを作れという話だ
   ☆女性ユーザーだって最初っからアイマスGS作れって思ってるよ!
  ☆市場規模でいえば、ギャルゲー市場より乙女ゲーの市場の方が小さく、ベネフィットよりリスクが大きい

 ●Jupiter良いんじゃないでしょうか
  ☆世界が広がって良いと思う
   ☆もう宇宙人まで登場済みなので、バリエーションとして良い
   ☆未来アイドルとか魔界アイドルに比べたらマシ
   ☆世界が広がると言うが、男性アイドルと女性アイドルが競争する設定がリアルでない
    ☆アイドルマスターのアイドル活動は、そもそもリアルで無い
    ☆1年活動して100万人のファンを獲得して引退するゲームの設定はそもそも異常
    ☆無印の世界でも、女性ファンばかりの女性アイドルもいるのでおかしくない
    ☆そもそも実際のトップアイドルもファンの三割ぐらいは同性らしいよ
    ☆競争というのがレコード大賞的なものならば現実でも競争している
  ☆ダンスが目新しくてよい
   ☆バク宙、ハイキックなど、女性アイドルのダンスで見ることのできなかった表現がある
   ☆画面効果なども合わせると、いままでに見ることができなかったダンス表現を見ることができそうだ
  ☆恋愛対象として参加して良い
   ☆やっぱりイケ面男女の恋愛は憧れだし
   ☆仕事上の保護者であるPとくっつくぐらいなら、ライバルアイドルとくっついてほしいわ
   ☆俺のところのアイドルは、どっちかっていうとイケ面とくっついて欲しい
    ☆男性アイドルとの恋愛展開は無いと石原Dが明言しています

●ゲームとしての仕様に不満がある
 ●オンライン対戦無し
  ☆対戦できないゲームにいまどき意味があるのか
 ●3人ユニット固定
  ●ソロ・デュオ不可
  ☆無印で可能だったことをできなくするのは単純に退化である
 ●ストーリーモード固定
  ☆もともと強要されるストーリーが無いところが良かった
  ☆ライバルを倒して最後に優勝する展開が目に見えている
   ☆同じストーリーで何週もするのは単純につまらなそうだ
    ☆統計的に2~3周でプレイをやめる人が多いらしいので、バリエーションがそれぐらいあれば充分
     ☆何周もする俺にとってつまらないのはご免蒙る
   ☆面白いかもしれないし
    ☆とにかく石原Dの言うことは信じられない
     ☆石原Dは○○(任意)のため××(任意)である
 ●総合的に考えて、アイドルマスター無印に、キャラ追加しただけのものをなぜ出せなかったのか
  ☆アイドルマスター1.5だったら欲しくないです
  ☆3年待って同じゲームもう一回出すとかありえない
  ☆ユーザーコミュニティ重視型の、東方シリーズ/初音ミクのように、素材提供以上のことをするべきでなかった
 ●ユーザーの希望に沿う商品を作っていない
   ☆とにかく石原Dの言うことは信じられない
    ☆石原Dは○○(任意)のため××(任意)である


●ユニット選抜について
 ●AKB商法
  ☆複数買いを奨励するAKB商法であり、許せない
   ☆AKB商法をなめすぎ。本家はもっとエグいです (Wikipedia)
   ☆奨励されたって、自分が乗らなければ金銭的被害は無い
    ☆先だって独占禁止法で取り締まられた悪名高い商法であり、正義にもとる
  ☆そもそもほんとにAKB商法なのか?
    ※結論から言うと違いました
   ☆ユニット選抜方法は後日発表だから、まだ公表されてないですが
    ☆このユニット選抜レースでAKB商法以外どう考えればよいのか
  ☆結局AKB商法ではなかったわけですが(詳細)
   ☆延期してからの発表だったので、何か変更があったのかもしれない
   ☆初期CDシリーズ発売日延期は、封入の投票権を抜き取る作業に当てているに違いない
    ☆CDシリーズの発売日延期は製作遅れが理由だと公式発表有
   ☆号外と微妙に投票ユニットが異なるのは、製作側が及び腰になったからに違いない

 ●人気投票
  ☆人気投票を行うことに抵抗がある
   ☆人気の上下幅が小さく、明確な順位付けが行われていないところがアイドルマスターの魅力だった
   ☆不人気が確定したキャラの肩身が狭くなるのが問題
    ☆ユニット選抜だから、個別のキャラの順位は明確にならない
  ☆恒例になると人気投票で勝利できないキャラクターの登場機会が減ることになるので不満
   ☆そのうち不人気キャラは、またプレイ不可になったりするんだ
    ☆人気投票をしなくてもメーカが人気を計測すること自体は可能だから、当件はユニット選抜レースに関わらない
  ☆CDの歌唱ユニットを選抜すること自体、目新しい企画だから歓迎
   ☆「いつものキャラ」じゃないというだけで新鮮さがある
    ☆だからといって人気投票はいかがなものか

●アイドルマスター2のキャラクターについて
 ●団結2010がひどい
  ☆そうでもないよ
   ☆キャラ崩壊がひどい
    ☆こんなもんだって
     ☆○○へのキャラ愛が足りないからそんなこと言うんだ
      ☆そうかもしれないですね
  ☆聞いて笑ったんで、アイドルマスター2も期待できると思った
   ☆ブラジルって?
    ☆次回のワールドカップ開催国
 ●MasterArtist2 Prologueのドラマパートについて
  ☆ひどい
   ☆俺は面白かったよ
    ☆キャラ崩壊していてひどい
     ☆そうでもないって
      ☆アイドルマスターへの愛が足りないからそんなこと言うんだ
       ☆そうかもしれないですね
  ☆響は小鳥さんをピヨ子と呼ぶ
  ☆スーパー太くん人形って、春香さんどんな仕事してるんだよ
  ☆「半年」っていうのは、発売までの実期間とCD設定機関を合わせてる可能性があるかもね、面白いかも

●声優の盾 (特殊用語:覚えて帰りましょう)
 ●アイドルマスターの公式は、声優を盾にして反論を封じる卑怯者だ
 ●TGSステージで坂上P退場後に、合唱パート
  ☆先に退場する必要は無かった
  ☆TGS舞台上で、竜宮小町仕様不可を説明した後、坂上Pは声優さんに後を押し付けて先に退場した
 ●大切なお願い(詳細)
  ☆心当たりの無い声優バッシングについて公式ブログで注意を促した
   ☆実際に行われたバッシングであり、注意は正当
    ☆バッシングをした人たちが見ているとは思えない場所での発表なので、注意をしても効果が無い
     ☆こういう場合のモーションはは該当者向けで無い場合があるので、見て無くても問題ない
    ☆バッシングしていないユーザー達の全員に責任を押し付けるようで不愉快だ
     ☆実際にひどいバッシングが行われたのは事実なので、対象者が誰であってもアクションがあってしかるべき
     ☆責任を押し付けられたと思う人は、そもそも後ろめたいのでは?
      ☆後ろめたくないが、邪推をさせる時点で企業の態度として間違っている
  ☆現在のクレームについて最大の論点は製品についてであるのに、クレームに対処せず話題をそらしている
   ☆クレームに対処しないばかりでなく、ユーザーの態度に文句をつけているのであり、企業の態度として間違っている
   ☆正しくクレームに対処をすればロイヤルカスタマーになるかもしれないのに、しないとは企業の態度sとして間違ってる
   ☆声優に対するバッシングが会ったためにクレームへの対処ができないと言っており、責任転嫁をしているので不当だ

---

しかしこうして文章にすると、あの人たちは何をそんなに騒いでたのかよくわからないような気持ちになって来ますなぁ。まぁ、不満な点があるのもわからないではないんだけど騒ぐようなことかね? みたいな感じの。
と言いながら、自分も一緒になって騒いでたんで、ほんとはなにについて騒いでたのか良く知ってるんですけどね。まぁ俺のことは置いといて。

これまでのような経過や、おおまかに上記のような論点を通じて、ファン達の間では“アイドルマスターのコミュニティが破壊された”的なことを言われたりしています。
コミュニティって言われたもなんのことかわからないと思いますので、俺が知ってる限りの表現をすると、2chギャルげー板の『アイマス本スレ』の雰囲気が大きく変わってだいたい「アイマス2アンチスレ」と言って良い内容になりました。また、カウンター本スレであった『一歩スレ』の雰囲気も変わり「まぁアイマス2だって悪いところばっかりじゃないんじゃない」という内容になり、第三のスレッドとして『楽スレ』というのができて「アイマス2が出て嬉しいぞ」という内容になりしました。
ちんぷんかんぷんですが、だいたいこんなもんです。

別の言い方をすると、アイドルマスター2の賛否によってプレイヤー側に敵対的な雰囲気が発生して「どうにも話しかけづらい感じ」になってる、というところでしょうか。これだとギスギスしてる感じが想像できますかね。
匿名性が高いため、安全に暴言を吐くことのできる2chの書き込みやニコニコ動画のコメントなんかでは『賛成派/反対派』『奴隷/アンチ』なんていう言葉で罵声を投げ掛け合ったりしています。
Twitterの雰囲気は良く知らないんですが、多分、服喪に巻き込まれて全体的に楽しい雰囲気を出しづらい感じなんじゃないでしょうか。

---
というわけで、918事件というのは具体的に何というのではなく、なんか予想外の発表が続いたことでファン同士で話しづらい雰囲気ができあがったよ、とかそういう感じのことだと秀は捉えています。

『竜宮小町が○○』的な発言を良く見かけるようになった仕組みを考えると、『竜宮小町&律子』としてプレイ不可になったことで明確に不遇といえるキャラクターが発生したわけですから、そのことでコミュニティ内での発言規則が組み変わったことを重視している、という人達からの訴えではないかと思います。

と、僕なんかこんな感じでまとまるような気がするんですが、僕からみると事象の本質とは遠いような気がする『Jupiter』についての発言はいまだに多かったりします。
その事については、アイドルマスター2どうこうよりももっと普遍的な意味合いがあるのかも、と思っているのですが、それについてはまた今度なにかの機会に。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9・18事件、俺的まとめ(4)

2010年10月12日 19時27分30秒 | IM@S
肝心の18日以降/22日ぐらいまでの現象発生順と、論点

2010/09/16~19 TGS開催期間
■TGSとは?
TGSとは「東京ゲームショウ」の略。ゲームメーカーが幕張メッセに集まって、基本的には当年末の商機を見込んで向こう一年ぐらい販売するタイトルの合同発表会をするような場所です。簡単に言うと、モーターショウのゲーム版というか、そんな感じ。『任天堂が出展してない』みたいな大きな特徴があったりするんですが、その辺の詳細はよく知らないんでパス。
で、このTGSのメインステージ(要するに各ブース内のステージではなくて、そこそこゲームショウ全体の目玉的な観客の集まりやすい出し物を隔離して行う場所)で、アイドルマスター2 Presents 「765プロダクション 2010年度決起集会」というだしものが行われることが事前に告知されていました。
ステージの時間は2010年9月18日(土)13:15~14:00
幾人かの中の人も呼んだりしており、またニコニコ生放送で中継されていたりもました。

※秘密ですが、某動画サイトで“決起集会”とかで検索するとそれらしいものを見ることができる場合があるとかないとかいう噂を聴いたことがあります。

・できごとの流れ
 { ●「アイドルマスター公式」側のできごと
 { ☆【論点】

・918当日以降
●2010/09/18 13:15~14:00 「765プロダクション 2010年度決起集会」実施
 ●【出演者】萩原 雪歩役:浅倉 杏美/我那覇 響役:沼倉 愛美/四条 貴音役:原 由実/双海 亜美・真美役:下田 麻美/秋月 律子役:若林 直美/アイマス総合プロデューサー坂上 陽三/他
  ☆【中村・今井の参加無】
  ※中村さん今井さんは、従来のほぼすべての公式アイドルマスター系イベント/番組で司会進行役、ステージマスター役、番組パーソナリティ役をしていた人たち
 ●歌唱でイベント開始
 ●アイドルマスター2、ゲーム内容紹介
 ●JUPITER紹介
 ●坂上Pの口より竜宮小町がプロデュース不可であることが漏らされる
 ●2011年1月に、パシフィコ横浜でライブイベント実施
 ●新規CDシリーズ販売に当たって、ユニット選抜企画実施をする旨の説明
 ●ライブイベント、新規CDのユニット選抜について、後日詳細を告知
 ●坂上P退場
 ●会場限定のチラシ(号外)配布のアナウンス
 ●律子役:若林直美さんが、台詞を言いよどむ
 ●合唱曲歌唱
 ●会場より来場者退場

 ☆【男要らない】
  ☆【JUPITER登場で、会場の空気ががっかりに変化した】
  ☆【会場の空気が変わったことを察して、演者たちの態度が目に見えて変わった】
   ☆【ステージ上の演者たちも、JUPITERの登場に批判的だ】
   ☆【会場の雰囲気が悪くなったから、JUPITERに関わりなく反応してるのでは?】
 ☆【竜宮P不可】
  ☆【竜宮P不可というのをついでのように発表する姿勢が気に入らない】
  ☆竜宮P不可/新キャラが男性アイドルユニットという【致命的な発表をしながら、イベントの終端をタレントに任せて坂上Pが先に退場したことが気に入らない】
  ☆【坂上Pが先に退場をした】ことで、会場で文句を言うことが不可能になった
 ☆【ユニット選抜=AKB商法】あこぎな商売をするつもりだ
 ☆希望しない役割を振られて【律子役:若林さんは台詞を言いよどんだ】
  ☆【律子役:若林さんが自分の意に反する台詞を言わされている】
  ☆これまでほぼ毎回司会をしていた【中村・今井は危険な仕事から逃げた】
   ☆【クライアントからのオファーの有無】なんだから、逃げるとか無いわ
   ☆【難易度の高いステージであえて若林さんを司会者にした】
 ☆【アンコールをしていない】
  ☆アイドルマスターのイベントでの歌唱は【通例ならアンコールをする】のにアンコールをしていない
  ☆【演者一同退場後にカーテンが動いた】のは、アンコールの機会をうかがっていたからだ
  ☆【アンコール開始前に、参加者退席のアナウンスが流れた】
   ☆のでアンコールをしないのは自然
   ☆のは、主催側がアンコールをさせずに観客の退席を急がせた
  ☆ゲームショウのメインステージなので【アンコールとかやっていいものとは考えにくい】
   ☆ので、現地の参加者としてアンコールを要求できないのは当然に近い
   ☆【ほかのイベントではアンコールしていた】

●2010/09/18 19:00 独占インタビュー! 『アイマス2』男性ライバルユニット“ジュピター”、そして“竜宮小町”の秘密を総合ディレクター石原氏に訊く!
※(全体的に、秀の視線でまとめている文章ですが、この記事からの内容の析出も秀の個人的な視線からのまとめであることを敢えて断っておきます。リンクさえたどれば簡単に読めますので、必要な方は原文の参照をどうぞ)
 ●オンライン対人戦無し
 ●実力派ライバルとして『竜宮小町』参加
 ●完全な敵として、男性ユニット『ジュピター』参加
 ●『アイマス2』の展開は、P視点の物語だけでなく、765プロを見渡す物語も可能としたい
 ●アイドルマスター(無印)が特殊な支店のゲームであるという認識
 ●アイドルたちの活躍を表現しにくいため、世界観の拡張を意識した
  ●世界観の拡張をすべきであると考えたのは、ニコニコ動画のユーザー投稿の影響が大きい
  ●素材のみ提供して世界観の拡大はユーザーにゆだねることは企業の姿勢として不可能
  ●先頭を切って荒野を開拓していくのが、製作側の役目
  ●長期展開、クロスメディア化なども考え、より多くのメディアに対応していくために
   ●いろいろな新しい『アイマス』の見せかたを提案していくつもり
 ●竜宮小町というユニットに関しては、キャラクター性を考慮した上で考案した
  ●Pのいない弱小765プロは、半年もPがいなければ、ますます屋台骨が傾くはず
  ●律子は事務所の危機のため、すぐに動くだろう
   ●[※律子の行動は]皆のため、そして自分の夢“プロデューサーになること”を叶えるため
   ●[※律子は]座して滅ぶことを喜ばない
  ●伊織も、グズグズするのは嫌いなタイプなので、上昇できるチャンスは逃すわけがない
  ●あずささんは自己犠牲精神のある人なので、皆が困っていたら絶対に立ち上がるはず。
  ●亜美はなんかおもしろそーと手を挙げ、律子もムードメーカーとしての亜美を採用……
 ●竜宮小町はP不可
  ●2周目からプロデュースできるといったシステムの解放も無し
  ●竜宮小町がP不可であることは、TGSという大きな舞台であえて明言した

 ●考えかたによっては竜宮小町を所有できなくなったと受け止められる
  ●男女の仲に関して、男性は所有欲を、女性は関係性を重視すると言います
  ●そういったユーザーさんに対しては、期待を裏切った形になることは重々承知
   ●「Pと担当アイドルという関係性の付き合いかたをしたかったんだ」というユーザーをガッカリさせることは自覚。
 ●『アイマス2』はユニットシステムを採用したゲーム
  ●プロデューサーとアイドルたちとのさまざまな関係性を描くのがひとつの視点
  ●彼女たち[竜宮小町と律子]の新しい関係性を楽しみにして、そして、楽しんでいただきたい
   ●[竜宮小町と律子は] ディレクター以下、愛するキャラクターである
   ●[竜宮小町と律子を] 「また別の視点の見せかたをさせてあげたい!」という気持ちは、そう簡単に消えない
   ●[竜宮小町と律子を「また別の視点の見せかた」について]いろいろな手段は考えていきたいと思う

 ●ジュピターはどういう意図で登場させたのか
  ●オンライン対戦無しの代償として作成
   ●オンライン対戦を楽しみにしているプレイヤーは多い
   ●オンライン対戦での敗戦を苦にするプレイヤーもまた多い
   ●『アイマス2』には“フェス”という、相手の顔の見える、対バンをゲーム化した仕様がある
    ●フェスがあるので、顔の見える個性溢れるライバルは必要だと思った
  ●なぜ男か
   ●プレイヤーには男の子が多いので相手が女の子だと憎み切れない
   ●悪い女の子キャラは可能だけど、プレイヤー的にも悪いままで終わらせると気分的にすっきりしない
   ●“こいつらは空気を読んでこないんじゃないか?”と思ってもらえるようなライバルを作らないと、結局、エンディングが分岐することになっていても緊張感は失われます
   ●エンディングは分岐しますので、本気で勝ちに行かないと大団円を見ることができない
   ●『SP』のように、エンディングで絶対に大団円を見られるという1本道のシステムにはしていない
 ●アイドルと彼等との妙なエンディングはありません
  ●寝取られを演出したいのではなく
  ●あくまでもプレイヤーが憎めるライバルとしての立ち位置

※上記インタビューに関する論点は膨大な量になると思うので割愛
※秀の個人的な評価としては「苦しい言い訳をしてるな」という部分は若干ありつつも、「ああ、なるほどね」と言える内容だと思っています


●2010/09/19 22:00 オンエアー、ラジオ番組アイステ(THE IDOLM@STER STATION!!!)
 ●Jupiterの真ん中の子の中の人、寺島拓篤がゲスト出演
  ●(※ 詳細を書くとなんだか馬鹿になったような気分になるので割愛/聞いてみてください)
  ☆【女性アイドルAの中の人は空気が読めていない】と激怒する人や泣き出す人がいた
  ※ 詳細は秘密ですが、なんとか生放送で涙ながらにそんなこと訴えてる人もいた
 ●女性アイドルAの中の人の声優個人板のスレッドとかが中傷にあふれた
  ●二日ぐらいでスレ5本ぐらい消費
   ☆バッシングの詳細は省略
    ※(該当者のスレ10ぐらいを参照)
    ※(この書き方でわからない人は見ないほうがいいです。毒だから)
   ☆こんなに常駐がいるわけが無く、お客さんが多すぎるとの発言有
  ●現在ではそれらのスレは無かった事にして、スレ番号を巻き戻して使用中
   ※内容があまりに酷かったため、ファン用の掲示板として有効でないから
   ※スレッドのタイトルになる演者の名前が間違っていたから
 ●寺島さんは空気読めていたため、なぜか株を上げた
  ☆【いや……それは難しいかと……】
  ☆【ハードル高いですね……】
  ●寺島さんに関しても一部にはやはりバッシングがあったとのこと
   ※秀は目撃していないので、詳細は不明


●2010/09/19 00:08 投稿 総統閣下がアイドルマスター2についてお怒りのようです
 ●例の『可能性を生み出しただけでアウトなんだよ』という発言
 ☆【NTR許せない】
 ☆【Jupiter有無に関わらず、エロ同人なんて酷いもんだろ】
 ※詳細はニコニコ大百科【可能性を生み出しただけでアウトなんだよ】参照


●2010/09/21 TGS2010へのご来場、そして「フューチャー賞」の受賞、ありがとうございました
 ●文末に「大切なお願い」
  [[ 最後に、大切なお願いがございます。
  [[ 一部の方による、出演声優様への「誹謗中傷の書き込み」等が、ネット上にて見受けられます。
  [[ 出演者の皆様に、ご迷惑をお掛けするような行為は止めて頂けます様、何卒、お願い致します。
 ☆【抗議の声が上がっているのを無視した】
  ☆【抗議の声を、声優叩きに転嫁した】
   ☆TGSメインステージと同様、アイドルマスター製作者は【声優を盾にして抗議の矛先をそらせようとする卑怯者だ】
 ☆実際に酷い声優バッシングがあったため【お願いは正当】
  ☆【声優バッシングをしている人たちは見ていない文章だから無意味】
  ☆【自分は声優バッシングをしていないにも拘らず、不当に非難された】


●2010/09/22 17:02 「アイドルマスター2 竜宮小町4人プロデュース不可撤回の嘆願署名」開始


●2010/09/22 THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 2 Prologue発売
 ●楽曲「団結2010」収録
  ☆【歌詞が酷い】
  ☆ ※この件についても詳細を書いていると馬鹿馬鹿しすぎて悲しい気持ちになるので割愛
 ※どういう方向で酷いか、無許可丸上げのコメでも参照してみてください(過去ログを見れるなら、初期のログを見ると良いかも)
 ※バイアスを排除するために、コメ無しで杏仁豆
  腐先生のかわいいイラストを堪能しながら一巡聞いた後、コメ有りで聞いてみるのがいいかも



※再三繰り返しになりますが、上記まとめは秀の個人によるまとめです
当件について、どこかの有志がまとめたと思われる記事がニコニコ大百科にありますので、上記のまとめで不十分と思われる方はそちら(単語記事: 9・18事件)の参照をどうぞ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9・18事件、俺的まとめ(3)

2010年10月07日 18時50分31秒 | IM@S
・918
918事件とは、肝心の9月18日のTGSのステージで行われたライブイベントでの発表を不服に思ったファン達が怪気炎をあげて異常に盛り上がった、というのが基本的な出来事です。
たぶん一番大きかった出来事は、アイドル役の中の人に中傷が行われた、ということなんじゃないかという気がする。具体的にはそれ以上に酷いことは起きてないような気がするなぁ。
こう書いてみると、騒いでる人たちはむしろ大人しくて良心的な人たちなんだ、という気がしてきた。

※この件についての個人的な感想は「大きな現実的な問題が発生した」事を重視しているのではなくて、「ほとんど何にも起きてないのに、これほど大事件な感じ」があることに面白さを感じていたりします。だから、それらしいことがほとんど何にも起きてないのが面白くて仕方なかったりして。

・できごとの流れ
 { ●「アイドルマスター公式」側のできごと
 { ☆【論点】

918以前
●2010/07/03 5thライブでアイドルマスター2製作中の発表
 ●2010/07/03 5thライブでPv1(ダンス3人バージョン)
 ●2010/07/03 ゲーム系マスコミサイトにPv1 『『アイドルマスター2』はXbox 360専用で来春発売! 最新のPVをいち早く配信!!
 ☆【ダンスしていないアイドルがいる】ことが話題に

●2010/7/4 5thライブでアイドルマスター2雪歩声優交代の発表
 ●2010/07/04 5thライブでPv2(ダンス5人バージョン)
 ●2010/07/04 ゲーム系マスコミサイトに雪歩声優交代の発表『新たな雪歩役は浅倉杏美さん――『アイドルマスター』ライブで声優交代を発表
 ●2010/07/04 公式ブログに声優交代について総合ディレクターより発言 『プロジェクトアイマスよりお知らせです
 ☆【全てのアイドルがデモに出演】が話題に
 ☆【アイドル5人でダンス】が話題に
 ☆【声優交代の発表の手際が良かった】との論調多し
  ☆部分的に【雪歩の声が変わったので俺のアイマスは終わった】との発言有り
 ☆【髪型変更は不人気キャラの梃入れ】のような発言も一部有り

●2010/07/15頃 ゲーマガ増刊発売
 ●ライブ後ゲーマガ増刊までの間のファミ通にもアイドルマスターの記事掲載
  ●2010/07/08 WEB版ファミ通に記事有り 『2』の名を冠したシリーズ最新作『アイドルマスター2』
 ●これらに新キャラ絵掲載
 ☆【私服組】という単語が発生(新キャラ絵がステージ衣装でなく、私服のキャラクター4名)
 ☆【私服組はアンプレイアブルになるのでは】という推測有り
  このタイミングでは、公式にはプレイキャラクターについての発言は無し
 ●「初音ミク -Project DIVA- 2nd」とのコラボが発表されたのがこのころだったように思う

●2010/07/30 【たるき亭リニューアル記念配信!】「アイドルマスター2」2nd PV
 ☆新情報無し/5人ダンスが周知される

●2010/08初旬 WEB上の各種サイトにアイドルマスター2の設定の第二報が掲載
 ●ついにベールを脱いだ『アイドルマスター2』ポイント紹介、60fps高画質PVもお届け
 ●最大5人のステージシーンは愛嬌たっぷり。「アイドルマスター2」の2nd PVを4GamerにUp。成長したアイドル達の最新プロフィールも確認しよう
 ●【MA2情報を更新!】『アイドルマスター2』2ndPVをいよいよ公開! 最新のキャラクタープロフィールもお届け
 ☆集合絵などでも扱いが異なることが明確になり、【私服組はNPCではないか】の声が強くなる
 ☆CDシリーズ「MA2」の情報 【アイドル13人なのに3枚づつ発売なのか?】との疑問点有り
 ☆精細なSSが現れ、映像的にさらに進歩している事が明確になりつつあった

●2010/08中旬
 ●(確か)ファミ通にアイドルマスターの記事掲載
 ☆『9人の中からアイドルを選択』の記載有り
 ☆【私服組はNPCである】という意見が出る
 ☆【私服組はNPCであるとは考えにくく、条件付開放である】という意見が出る
  ☆【私服組が条件付開放であるのは明らかであり、NPCと断言するのはネガティブキャンペーンである】との意見が支配的になる

●2010/09/03 ニコニコ生放送で、アイドルマスター2の映像的な内容の公演
 ●[CEDEC 2010]「次世代アイドルマスター」はこうして作られている! トゥーンシェーディングの概念を覆す最新処理とは
  ※余談だけど、上の記事の他人事感溢れる書き方がとても面白いです
 ●【CEDEC 2010】『アイマス2』ではココまでこだわる! かわいいアイドルの作り方
 ☆【センシティブトゥーン】

●2010/09/10頃 ファミ通に「竜宮小町」発表
 ●2010/09/09 『アイドルマスター2』秋月律子プロデュースの765プロ新ユニットが登場
 ●2010/09/13 YouTube「アイドルマスター2」3rd & 4th PV (「THE IDOLM@STER 2nd-mix」&「SMOKY THRILL」)
  ※公開日詳細は記憶にない/テザーサイトに掲載されていたはず
  ※TGS前に竜宮小町が先行で発表になっていたことがひとつの留意点
 ☆竜宮小町関連
  ☆【竜宮小町のユニット名ダセぇ】
  ☆【NPC化は確実じゃないか】
   ☆【衣装が紫とか、完全にライバルキャラだろこれ】
    ☆【竜宮小町が条件付開放であるという望みは絶たれておらず、NPCと断言するのはネガティブキャンペーンである】との意見が支配的
  ☆【SMOKY THRILLはガチでヤバイ】
   ☆【伊織が可愛くて死にそうだ】
   ☆【亜美の目付きにやられて死にそうだ】
   ☆【あずさの揺れが激しくて死にそうだ】

 ☆THE IDOLM@STER 2nd-mix関連
  ☆【ダンスがパラパラかよ】だせぇ
   ☆【この踊りはちょっと……】
   ☆【冷静に画面見てると5人はちょっと多いかも】
  ☆【新衣装Vo服かこれ?】
   ☆【黄色だせぇ】
   ☆【全体的に花がモチーフなんだよ、可愛いだろうが】
  ☆【2nd-Mixはけっこう好きな/嫌いな曲調だ】

 ☆社長声優交代(大塚芳忠)
  ☆【ヤザンだ!】【チボデーだ!】等
   ☆【ガイアからヤザンに交代かよ】【敵に御大将がいるんだから、ギャバンだろ】等

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9・18事件、俺的まとめ(2)

2010年09月27日 23時32分25秒 | IM@S
・アイドルマスターのゲーム的な内容
アイドルマスターは自分のキャラクターである「プロデューサー」を操作するゲームであり、10人(XBOX版)の中から選択した担当アイドルをトップアイドル目指して育成するゲームです。
ゲーム中では、敵キャラクターと対戦するオーディションを行いファンを増やすことだけがトップアイドルに到達する方法になります。ミニゲームであるレッスンを繰り返して担当アイドルのステータスを成長させ、会話パートといえる「営業」(通称コミュ)を行って、オーディションでの状況を有利にする思い出を補給します。
アイドルとの52週の活動を通して、100万人以上のファンを持つトップアイドルを育てることができるか、というのがゲーム全体の主な部分の説明です。

ここからは個人的な感想になりますが、ゲーム中の楽しみは、レッスンでアイドルを成長させること、オーディションに勝った後にごほうびとして上映されるアイドルたちの歌とダンスのシーン、そして営業(コミュ)のシーンでアイドルたちと楽しく会話をすること、の三つあるように思います。
このうち、育成要素と勝利の要素がゲームの中心にあります。活動の上限回数が決まっているため「勝利確定」の状況に持ち込むのがなかなか難しく、これはこれとして面白いゲームです。私は知りませんが、アーケード時代は敵キャラに人間を相手にすることが多く、非常に熱い戦いになったという話もよく効きます。(XBOX版ではそこまで熾烈な戦いは繰り広げられません)
歌とダンスの映像に関しては、各種の動画サイトなんかで確認してみてください。
また、同僚のPたちの証言によると「実機でやるともっとすごい、かわいい」という意見が支配的であるように思います。私も同意見です。
そして最後のコミュニケーション。これは、画面上のアイドルと1対1で対面し、アイドルの仕事の裏側で、付き人の人とちょっとした選択式の会話をしたり問題を解決(つっても選択肢を選ぶだけ)したりして、選択肢の適不適によって優良可否を決定するというものです。ご存知「ギャルゲー」のフォーマットですが、この営業のパートでは恋愛問題に触れられることはかなり少なく、基本的にはアイドルたちと仕事の話をするだけという場合が多いです。
(※時にはおっぱい触ったりもするんで、まったくその手の要素が無いよということではないですが、「画面に出てくる女の子といちゃいちゃするゲーム」だと思っていると、意外なほどあっさり風味で拍子抜けすることにはなると思います)

そして、1週に1アクション、52週の活動を終えたとき、お別れコンサートをして、プロデューサとアイドルはお別れになります。
エンディング前にアイドルとお別れの言葉を交わして、お仕舞いになります。
(※エンディングで担当アイドルに交際を申し込まれることもあります)

・プレイヤーから見たアイドルマスター
ここから本気出す。
非常に美麗に描かれているダンスシーンを見た事のある方も多いかとは思いますが、これが自分の担当アイドルだともう可愛くて仕方ないんですわ。1曲2分でスキップもできるんですが、何度見てもガン見するレベル。スキップとかありえない。
また、アイドルたちが10人、使用可能な楽曲が16曲。なかなか力の入った楽曲を、アイドルたちはそれぞれ個性的に歌ってくれるので、聞いてるだけでもなかなか飽きません。「誰がどれを歌う曲が好きか」というのを追求するのもとても楽しいです。
歌だけではなく、ダンスの振り付けも曲によってすべて変わっており、やはり見ごたえがあります。
そしてこのパート、実際にはユニットというのを組んで二人組、三人組にすることも可能なんですが、「誰にどこを歌ってもらう」なんて設定もそこそこ可能なので、これを考えてるだけでも楽しかったりします。
いやホント繰り返しますけど、スキップとかありえないですよ!

そしてコミュ。まぁ、個人的にはダンスでもほど好きなわけでもないんですが、これが実は一人につき50ぐらい用意されてるんですわ。オーディションもしなきゃいけませんし、レッスンもしないといけませんから、一周じゃ全部見れない、というか5周ぐらいしたところで全部見れるのかどうか。かなり圧倒的なボリュームだったりします。
また、システム的にはその辺のギャルゲーには当たり前で装備されてる“イベントコンプリート管理”的なシステムがついてないので、その手のものがあるものに比べて比較的なまなましい感じの記憶がつむがれてゆくわけです。(バックログで確認できないから、ぐらいのことですけど)

と、こういう感じでプレイして52週終了する体験を「キャラクターと二人三脚で進む」みたいな表現をする人もいます。その上で、担当アイドルからのお別れの言葉を聞かされるわけですが、これがなんとももの寂しい気持ちになるもんなんですわ。傍から見ると馬鹿みたいですし、自分でもかいてて馬鹿みたいだと思いましたが、まぁなるんですわ。
ベストエンディングでは、今後も○○(キャラによって違う)として付き合いを続けましょう的なことになりますが、ベストじゃないエンディングでは基本的に担当アイドルはただ去ってゆきます。
初回、右も左もわからない中で、あんまり売れない中でお別れをしたアイドルに対して感じたあの気持ち、今でも忘れません。ごめんよー! 春香ー!(白状した)

と、こういった感じで、アイドルマスターをプレイすると、コンピュータ技術的にもかなり高度な上に、可愛くて華麗な歌と踊りに魅了されているうちに、プレイしたキャラクターに非常に強い愛着を持つことになるのです。
最後に告白してくるようなキャラクターもいますから、そういう子の担当プロデューサーをプレイした人にしたら、それはもうちょとアレなくらいアレな感じなのです。

プレイヤーにとって、アイドルマスターというのは、たぶん大体こういう感じのゲームです。(俺独断)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9・18事件、俺的まとめ(1)

2010年09月22日 21時23分03秒 | IM@S
9/19日以降、ずーっとネット掲示板に張り付いていた秀です。
9/19、事件翌日のTGSには行きました。
とりあえず他のブースではパンフレット貰うぐらいの感じでアイマスの試遊台に行きましたが、「入場制限」みたいな事を言われて並ばせてもらえませんでした。
仕方ないので、試遊台のすぐ後ろで列を作っているドリームクラブの試遊台の列に並んでガン見してきました。気合が足りないですね。
ガン見の結果、ゲームが良くできている事が良くわかり、期待を膨らませました。

現在の私のアイドルマスター2への意見は、次のような感じ。
『アイドルマスター、次の10年の大計を見せていただきました。お辛い決断もあったかと思いますが、その決意、しっかり見届けさせてもらいますぞ。わしにできる事があったら言うてくだされ』というところでしょうか。
ずいぶん大げさですけどね。
もっと簡潔に表現すると、「非常に好意的・積極的支援」となります。

で、ニュースサイトなんかで多少紹介されていましたが、アイドルマスターのファン一同にものすごい動揺が走ったのが今回の9・18事件です。
名前だけ知ってるぐらいの人たちにとっては「知らんがな」程度の事かとは思いますが、こっちは大変ですがな。
昨日まで友人だと思ってた人たちが恐慌状態に陥り、阿鼻叫喚です。
ネットイナゴの方々から「煽りに行ったら、あまりにも酷い状態なんで可愛そうになって慰めてきた」という証言が出るほどです。
なんでちょっと面白いんだよ!
参考・yahooニュース 「アイマス2」Amazonレビューが大炎上 ニコ動に“激怒MAD”も

で、こういうことにどっぷりになる事が個人的にあんまり無いので、ちょっとその思い出をまとめてみたいと思いました。
前提条件から丁寧に書いていきますので、よく知らない人たちも読んでみてください。


・アイドルマスターとは何か?
これはご存知の方も多いと思います。女の子が踊ってるところを見て楽しむゲームです。
XBOX360で発売されたこのゲームの画面のダンスシーンが非常に秀逸で、このシーンを切り貼りして音楽をつけた“MAD”と言われる物が大流行していた時期もあります。
また、関連商品として、ゲーム内で使用できる楽曲や、書き下ろしの新曲、一般歌手の既存曲のカバーを収録したCDがかなり頻繁に販売され、あんがい売れてる事でも話題になったりしています。(具体的には、まぁ興味がある方はご自分で。このあいだ「累計百万枚」なんて事を言ってました。それに対する僕の印象は「思えばCDもたくさん出てるんだなぁ」だったりしますので、一枚あたりの売れ行きはお察し。いわずもがな、『けいおん!』のような社会現象級とは比較するべくもないです)
他、関連商品に「戦闘機のプラモ」のような意外なものが多く、また元来美麗な映像をより豪華に再編集したMADなどの存在もあいまって、妙に知名度が高かったりします。
また、この手のキャラクター商品としてはアニメなどと比較しても長命で、そこがユニークなところでもあったりします。

Wikipediaの記事(http://ja.wikipedia.org/wiki/THE_IDOLM@STER)を参照すると、初出は
『THE IDOLM@STER』(アイドルマスター[1])はナムコ(現バンダイナムコゲームス)が2005年7月26日に稼動を開始したアーケード用シミュレーションゲーム(公式ジャンルは「アイドルプロデュース体験ゲーム」)である。
ゲームプロダクトとしては
2005/07/26 アーケード版アイドルマスター
2007/01/25 XBOX360版アイドルマスター (アーケード版の移植)
2008/02/28 XBOX360版アイドルマスター ライブフォーユー (XBOX360版のステージを生かしたおまけ的ゲーム)
2009/02/19 PSP版アイドルマスターSP (アイドルマスターの携帯機移植/シナリオ新規分あり/キャラクターはほぼ引き継ぎ)
2009/09/17 DS版アイドルマスターDS (新キャラクター、新システムの別ゲーム/ここまでのキャラクターはゲスト出演)
と、なっています。
息が長いですね。
この年表の並びで多少異様なところは、下三篇のゲームはファンたちにとって「外伝的作品」と受け取られているところだったりします。
そして2005年からのアイドルマスターには、続編的作品がまだ無かったとされていました。
この間、不定期的に開催されていたライブは継続的に大きくなり、2010/07/03-04には6000人の2日間開催となりましたが、関連商品のCDの売り上げはだんだんと減少したりしていたみたいです。
また、アイドルマスターの知名度をぐーんと引き上げたMADの再生数なども次第に落ち込んでいました。
一般的な人気は下がりつつ、コアなファンたちの入れ込み度はまだ加熱していた、という事になるでしょうか。
それにしたって50枚以上のCDを出して累計100万ですし、ライブの規模だって6000人で2日間ですから、大人気ってことはありません。

まぁそんな感じの現状で、2010/07/03-04のライブで、待望の正続編『アイドルマスター2』のゲーム映像が発表され、またゲーム情報誌などにアイドルマスター2の情報が断片的に紹介されました。
もはや「濃い」ファンしかいない、ファン一同のテンションがうなぎ登りになった日でした。

~~~ この項、続く ~~~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ツィッターをはじめてみた

2010年08月26日 14時04分48秒 | profile
というわけで、ツイッターのアカウントをとってみましたが
なんとなく取ったので、何をするべきか良くわからない
誰か有名人とかのフォローをするべきなんだろうけど、誰が誰やら

というわけで、まずは自分の名前(正式な呼び名とかわからん)をさらしてみるよ

triskaidecagon_

どこかで見かけたらそのときはよろしく

#アカウント名が微妙におかしかったので、ちょっと修正
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最近見たアイマスがやっぱりとんでもなかった件

2010年07月20日 22時47分11秒 | IM@S
生存報告的に
「アイドルマスターのすごいMAD」は、そもそもアイドルマスターを好きじゃない人が見ても
ほとんど意味ないと思いますので、そういうんじゃないのばっかり紹介してる感じです。

いや、そういえば先日のライブは現地に足を運んだりしたんですよ。
さすがに楽しかったですが、感想は割愛。

【アイドルマスター】 リゾラを叩いてみた

やったー、ちゃぼさん、いや、ちゃぼるPの新作が来ました
相変わらずの楽しいドラム演奏で素晴らしい


【比較版】「GO MY WAY 踊り弾き」に足してみた【ではありません】

「バイオリンの踊り弾き」というあんまり見かけない芸術活動にダンサーとして
アイドルマスターのキャラを加えたもの。動画自体はあんがい前のもの
八割ぐらいのアイマスオタは、これぐらいダンスで再現されているとごまえダンスの
脳内再現ぐらい余裕なんですが、見た目のインパクトは一緒に踊ってる方が強いですよね

演奏者の動画を見たい場合はこちら

キラメキラリを一生懸命書いてみた

楽曲と一緒に流れていく書道というなんか面白いもの
こちらも動画自体はあんがい前のもの
なにかの技術を身につけた人が、楽しむために何かを一生懸命やると見る方も楽しい
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

きょう見たアイマスがやっぱり凄かった件

2010年04月14日 22時29分02秒 | IM@S
それもうアイマス関係ないんじゃないの? という世界に突入してますけど。
この種類の良くわからない広がるパワーがニコニコのアイマス関連動画の面白さだと思ってます

本日はドラム
見ていて爽快で、とにかく楽しい気持ちになる。
俺はドラムの上手さなんてわからないけど、音楽を聴いてるときの楽しさは
いくらかわかるし、この人のドラムはとにかく楽しい。
こんだけ楽しいんだから、絶対死ぬほど上手いんだろうなぁ……
というのが、俺のような音楽のわからない人間にも伝わってきます

【アイドルマスター】『i』(REM@STER-A)を叩いてみた

・どう考えても3人分ぐらい働いてる気がする
 この曲は、ラテンっぽい曲が好きな俺としては元々好きなアレンジ


【アイドルマスター】乙女よ大志を抱け!!を叩いてみた

・アニソンっぽすぎて元々はあんまり好きじゃない曲
 ビッグバンドジャズっぽいアレンジで、アレンジ自体は好きなんだけど
 歌唱がすごく前に出てるんです。
 だったんだけど、ものすごーく楽しそうなドラムが付いて、大満足


【アイドルマスター】黎明スターラインを叩いてみた

。これは元々好きな曲。「どう考えても人間が歌うようには作られてない」曲を
 とかちつくちての人が楽勝で歌ってるという狂ってる感じが好きだった。
 (ギターとかサックスとかの歌う楽器が歌うはずの曲だと思います、いまでも)
 イヤー凄い、とにかく凄くて、頬が緩みます

---

てな感じで、俺はまだ生きてますよ、っと。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加