飛騨さるぼぼ湧水

飛騨の山奥から発信しています。少々目が悪い山猿かな?

もう「大雪」 飛騨にも冬将軍

2016-12-13 16:39:24 | 俳句日記の部屋

極寒の 風やみ朝日に 山散歩  湧水

朝散歩 体あたため 漬物漬け  湧水

山散歩は 疲れぬ程度に 漬物漬け  湧水

そろそろと 見れば白菜 葉を巻かず  湧水

放ったらかしの 白菜ハグする 師走かな  湧水

一株づつ ハグして縛る 白菜かな  湧水

抱くごとく ヒモで葉しばる 遅白菜  湧水

わが植えし 白菜育ちし うれしさかな  湧水

抜く途中 折れし大根 みずみずし  湧水

買い置きし 野菜いたまぬ 寒さかな  湧水

水洗いの 買い野菜うれし 漬物漬け  湧水

野菜漬け 桶の準備に てまどりし  湧水

切るサイズ しだいに大きく 漬物漬け  湧水

切り野菜 たまればたまる 疲れかな  湧水

早暮れに 漬ける野菜も 減らしけり  湧水

食べ頃は ほどよき酸味 キウイフルーツ  湧水

熟れ過ぎは きりりとしない キウイかな  湧水

芽じゃがいも 箱に移して リンゴ入れ  湧水

川柳

激安の 巨大根買えば 鼠かじり これなら怒られないって、コラーッ!

雪ふりの 今ごろハグしても もう遅い!  そう、彼女じゃなくて白菜よ

山ほどの 量も手間暇も 入りしケーキ ウソーあれだけの汗と涙が、たったこれだけ?

食べる人 大きく作人小さく 切るケーキ ちょっと、もっと小さく上品に切ってよ!

超安の 切り餅ハズレの まずさかな トーゼンの事、うまい話なんてサギがらみ

時1600年秋、関ケ原は草に覆われていた。
真田勢は、徳川からも石田光成からも、「まっ先に関ケ原へ行ってくれ!」と言われた、ナーンデカ?
それはネ、真田の大将が草刈まさおだったからジャジャーン!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 里芋のケーキ作り( その 5... | トップ | 里芋のケーキ作り( その 6... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。