飛騨さるぼぼ湧水

飛騨の山奥から発信しています。少々目が悪い山猿かな?

冷凍食品大流行り! 自家製も?

2017-07-29 15:42:06 | 発明アイディアの部屋

私は今年の春早くから急に冷凍食品に凝り出した。
元々のきっかけはアップルパイを作るための「パイシート」だったが、スーパーのコーナーへ行った時、冷凍食品の種類の多さに驚いた。
また、たまたま人気の冷凍食品の製造方法を紹介しているテレビを見た。
その中でもチャーハン等は、中華料理店にも劣らない本格的な作り方だった。
それで急に好奇心が湧き買い始めた。
すると、最近のレストランメニューには無い、昔懐かしい喫茶店で食べたスパゲッチィナポリタン(トマトケチャップ味)も並んでいたので、つい手に取ってしまった。
冷凍スパゲッチィは電子レンジでチンするだけでよい。
今までのようにナベで時間をかけてパスタを茹でたり味付けをしたりする必要も全くなく、おまけにレストランのように自分が作る以上に美味しかった。
そんな訳で、まとめ買い(週一度のスーパーの冷凍食品半額セールの日に)をするほどはまってしまった。
またタコ焼き等も、食べたい時に冷凍庫から食べたいだけ取り出してオーブントースターで焼けばいいので、店頭で買うより便利だ。
さて、
暑い今の時期は御飯も汁物もいたみやすい。
特に一人暮らしは、炊いた御飯も汁も鉢やナベごと冷蔵庫に入れておかないと食べられなくなってしまう。
昨年から冷蔵庫が小さくなって困っていた私は、先日いい話を聞いた。
それは知り合いの一人暮らしのヘルパーさんの話だった。
彼女は休みの閑な時に、御飯をたくさん炊いて、丼一杯分づつラップに包んで冷凍しておくそうだ。
そして、食べる時に電子レンジでチンして熱くして食べるとの事だった。
また同じ様に素麺も一度にたくさん湯がいて、一食分づつラップやビニール袋に入れて冷凍庫に入れておく。
その素麺を食べる時は器に入れて自然解凍するそうだ。
この話を知り合いの料理好きの爺さんにしたら、
「それはいい考えだ。冷凍素麺の器に水を入れれば氷を入れなくてもいい!早速やってみよう」
と大喜びだった。
こうなると、他にもまだ今の時期に良い自家製の冷凍食品があるかも知れない。
私は既に「玄米焼きオニギリ」は作っているが、
「野菜炒め」なんか一度にたくさん作って、小分けしてラップに包んで冷凍しておいてもいいかも?
あっ、そうそう「焼き茄子」なんか一度にたくさん焼いて皮をむいて冷凍しておけば良さそう。
ちなみに、我が家では焼き茄子はノンフライヤーに丸ごと放りこんで200度でタイマーを回せば「ボン!」と音を出して皮が破裂してむけるから簡単だけど・・

(以上)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 飛騨に梅雨開けの雨? 初西瓜 | トップ | さあ、八月! 慰霊の月 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

発明アイディアの部屋」カテゴリの最新記事