飛騨さるぼぼ湧水

飛騨の山奥から発信しています。少々目が悪い山猿かな?

もう「啓蟄」まだ風邪のわが身

2017-03-07 16:44:13 | 俳句日記の部屋

啓蟄の 陽ざしに出でば 北の風  湧水

啓蟄に 気づいて獲りし 冬大根  湧水

ぎりぎりの 春収穫の 残り大根  湧水

知らぬ間に つぼみ立派な ブロッコリー  湧水

のらりくらり ぎりぎりで収穫 冬畑  湧水

完熟の みかんをもげば 卒業生  湧水

柔らかく 皮も熟せり 鉢みかん  湧水

ガラスごし 野鳥つつけぬ 鉢みかん  湧水

完熟の もぎ立て蜜柑の うまさかな  湧水

風邪なおり 和食のうまき 早朝かな  湧水

体調もどり 料理作れば また尻痛  湧水

風邪治りも 三寒四温と共歩き  湧水

去年成って、今はまっ黄の61個の鉢ミカン、よほど美味しそうに見えるのか、それとも樹に成ったミカンを取った事がないためか、ちいさなそのミカンをあげると皆は大喜びする。
やはり「まだか、まだか!」と思って何度も見ていたためだろう。
そう言えば、
まだかまだか? 風邪と寒さの 卒業式
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 冒険小説「幸福の樹」 (その... | トップ | 小説「雄飛」 (その 1 )... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。