飛騨さるぼぼ湧水

飛騨の山奥から発信しています。少々目が悪い山猿かな?

梅よ、さくらよ、まーだだかい? 彼岸飛騨

2017-03-21 12:17:40 | 俳句日記の部屋

バス客の 歓声待たむ さくら飛騨  湧水

つぼみ殻 やさしくたたく 春の雨  湧水

雨たたき 陽や風撫でて さくら咲く  湧水

ようやくに 花鉢当てる 春の雨  湧水

風さそう 散歩に出でば 彼岸の墓  湧水

冬越しし 飛騨に暖かき 彼岸風  湧水

春風に 体の芯まで ほぐし解く  湧水

半年の 冷えときほぐす 彼岸風  湧水

冬過ぎて 新たな春風 彼岸の墓  湧水

早春の 日ざしに出でば みぞれかな  湧水

ふりそそぐ 春日が不意に みぞれかな  湧水

早春や 朝の日ざしに 昼の雨  湧水

手ぶくろの 手ばなせぬ雨の 早春かな  湧水

種まきを しのぐ楽しみ 春苗植え  湧水

濃き塩の 漬物のこる 早春飛騨  湧水

お下がりの ぼたもち置けば ねずみかな  湧水

わが肌に 舞い雪とける 秘湯宿  湧水

川柳

口うるさき 運ちゃんやさし 一人客  誰も乗らないのは淋しいらしい

しゃべらねど 婆顔うれし 早春バス そのうち話や笑いの花が咲く

お姫さまも オシメ様から オシメー様  はい、最後まで面倒みます!オムツ会社

飼いたいと 言えば生まれし 子猫かな  ネズミよけに!聞いていた知人宅に産まれた

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小説「雄飛」 (その 2 )... | トップ | 冒険小説「幸福の樹」(その ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。