hidamaro's

しがない物書きの生活と意見

毒を以て

2017-06-13 12:36:37 | 社会問題

昔は政が官に手玉にとられている感があって

それはよくないこととされていたし、普通ならその通りなのだろう。

だが内閣人事局なるものが作られて以来

官僚は現内閣に首根っこを押さえつけられているらしい。

問題はその内閣の志向性にある。

今にして思えば、官僚政治の弊害など可愛いものだったのだ。

民進党とか役に立たない状態の現在、官の反逆にこそ期待したい。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 幸せなバカ | トップ | 星は幾つ見えるか 何も見え... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。