hidamaro's

しがない物書きの生活と意見

太めの功罪

2016-10-18 13:51:00 | 生活

現場打ち合わせの際に、勝手口ドアのサイズが違っているのが発覚した経緯

届いて、まだ取りつけずに置いてあるドアを私が見ていたのは

わざわざグレードの高いのを選んだ立派なやつ(他はともかくキッチンだけはかなりいいものを揃えてある)だからだ。

で、思った。

(この細めのドア、 うちの奥さん「つっかえる」んじゃね?)

そのことを冗談っぽく奥さんに言うと、

彼女も「あれっ?」と。

「これ、サイズ違ってませんか?」

「いえ、そんなことは……」

営業さん、メジャーで測る。

「え? え?」

狼狽して図面を確認。

「違ってる・・・なんで?・・・」

小さい(幅の狭い)サイズのが間違って届いてしまっていることに相当ショックを受けた様子。

もちろん再発注することに。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ワロタ | トップ | 眉間のシワ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。