hidamaro's

しがない物書きの生活と意見

火花

2017-05-03 02:58:38 | ドラマ

録画しておいた最終回を観た。

キャスティングとか、ビミョーなドラマだったなあ。

佳作とみるか駄作とみるか、そこもビミョーで意見の分かれるところかと思うが

そのビミョーさも含めて、(特に後半)見応えあった。

ラストの神谷のシリコンオッパイシーンでは

居酒屋で「どないしょー」と後悔する彼に徳永が説教するところ

あれ、私、いつもの漫才ネタ会話なのだろうと解釈しながら観ていたのだが(というか、そう解釈しないと神谷のキャラクターや、これまでの二人の関係性と整合とれないやろ)、どうやらそうではなく、先鋭的な笑いを追求する神谷が(魔がさしたのか一時的にせよ)凡庸に堕してしまった、というシーンであったらしい。

まあ、とにかく見応えがあった。 凡庸な私には、こういう非凡な人々の話は刺激的だ。 神谷みたいなのは身近にいられたら鬱陶しいけどね、というか、いたなあ、こういうやつ、大学の時に。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 年を経て変わったこと | トップ | 既婚者との会話は »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ドラマ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。