hidamaro's

しがない物書きの生活と意見

試し読み

2017-04-25 15:11:56 | 小説

新刊が出ると、出版社のホームページに試し読みのコーナーが設けられ

各作品のさわりの部分が掲載されます。

さわりという言葉を「導入部」と勘違いしている人がいる(実は私も恥ずかしながら、遠藤周作の「海と毒薬」を読むまで勘違いしていた)ようですが、ぜんぜん違います。 ま、「見せ場」「クライマックス」みたいな意味、ですかね。

抜粋される箇所は編集さんが決めるのですが

これが、「うん、ここ!」と思えることもあれば

「え、なぜここ?」ってこともあります。

今月刊のは、いいとこが掲載されてました。

読みながら、「おー、俺上手え!」と思ってしまいました。

テンポ、迫力、息もつかせずたたみかけてくる感じ・・・

それを自分で味わえたら、「よっしゃあ!」と快哉です。

そろそろ月末も近いので、月が明けたあたりで売れ行き(の感じ)について書きたいと思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 根本は好悪です | トップ | 根本的には人間性の問題かな »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

小説」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。