ひだまりクリニック~産んだ後にも母親学級~

杉並区で小児科医がひらいている母子で集えるクラスです。

MRワクチンはしばらく定期接種のみにします

2016-09-15 23:21:07 | クリニックからのお知らせ

普段は、MR接種を大人の方からお問い合わせを受けると、積極的に接種させていただいていますが、

9月に入って、極端に供給不足です。

このままだと、定期接種のご希望にもそえなくなる可能性があります。

大人の方にも接種をしていただきたいのですが・・・しばらく無理そうです。

麻疹も風疹も、1歳以上で2回接種していれば感染からほぼ免れるといわれています。

今大人の方たちは、母子手帳で確認していただけるならば麻疹ワクチンと風疹ワクチンは別々のワクチンかと思います。

現在の麻疹のワクチンは風疹ワクチンと一緒になって混合ワクチンになっています。

これがMRワクチンは、麻疹も風疹も免疫をつけられます。

このMRワクチンを今の定期接種のシステムでは二回することになっています。

定期接種は1歳になってからなるべく早めに。

二回目は、小学校入学前の一年間、年長さんの時期です。

就学前健診では、必ず聞かれる項目だと思います。

麻疹も風疹も流行しないようにするには、このワクチンの接種率が高いということが大事です。

定期接種をせっせとして、社会の接種率をあげることが大事です。

子どもたちを守りたいと思います。

接種できない0歳の子どものことも守るために、接種率をあげないといけません。

社会の接種率つまり免疫獲得率をあげるためには、大人で1回しかしてない方が2回目をするのも大事ですが。

ワクチンの供給が少ない場合はやはり定期接種の子どもが優先だと考えます。

麻疹流行の広がりがニュースになり、大人の方からのお問い合わせをいただきます。

ですが、9月に入ってから、お断りしています。

ご理解をよろしくお願いいたします。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「防災から考える感染症、予... | トップ | MRワクチンがなくなったとき... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事