陽だまりの中へ

み~んな、陽だまりの中へ 連れてってあげたいね

それは、突然に

2017-03-20 18:10:01 | 日記
   我が家に続く、「それは、突然に・・・」
   この言葉は、去年のたまから、始りました。

   たまに見つけた突然の腫瘍、
   シーズ―犬のなつの散歩での突然の失神、
   そして、今回はここの突然、失った声。

   どれも日々元気で、こんな事が起きるなんて
   予想もしていない毎日の中でした。


     


   3月14日、ここは、
   夕飯を食べて、何かが喉に詰まったように
   “かぁ~っ、かぁ~っ”と吐き出すような
   仕草を繰り返しました。

   「急いで食べるから、何か詰まったんやろ”
   そう言っていたのですが、その仕草は
   何度も続いたのです。

   じっとしていられないように、あちこちへ行っては
   “かぁ~っ、かぁ~っ”
   
   いつも好きな私の膝に座っても、落ち着かず、
   深夜もどこかでその声が、聞こえます。

   それは、聞いていて可哀想なくらい続いていました。
   苦しそうで、辛そうで、
   そして、夜明けくらいから、ここのなきごえは
   聞こえなくなりました。

   ないているのですが、かすれるような声だけが
   聞こえます。
   その頃には、かぁ~っ、かぁ~っと言うのはなくなりました。


     


   翌日は、朝から雪、
   3月の雪は、美しい景色を見せてくれたのですが、
   一番に獣医さんへと走りました。

   レントゲンを撮って、エコーを診て、全く異常は
   ありません。
   肺も心臓も気管も、綺麗なものでした。

   「人間で言う風邪のようなものかな」と。
   気管支炎と診断されました。
   でも声は出ないし、眠れそうにないし、
   と心配していたのですが、
   ご飯は食べるし、散歩は行きたがるし、
   ステロイドを1週間服用して様子を見ることになりました。

   そしてその翌日には、声が出たのです。
   いつもと変わらず、元気なここに戻りました。


     

   

   声の出ない2日間、我が家が静かに暮らせたのは
   言うまでもありません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« みんなで内緒話 | トップ | 犬としての本能 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。