海亀

山の朝焼け、海に沈むダルマ夕陽、凪の海、嵐の海、
砂浜の馬の群れ、一度だけ撮れた海に向かう海亀の子など


広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

海亀ブログ10月31日『今日の夕日』

2013年10月31日 | インポート

Img_3448 勝浦浜の

今日の夕日は

とても

きれいでした。

ここ数日きれい

という声が聞かれ

ました。

これからまた少し

くずれそうですが、

日曜日はめざせ世界遺産と塩田史跡めぐりの日で、少し心配です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

玄界灘に沈む夕日

2013年10月28日 | インポート

今日も良い天気でした。

風もなくおだやかでした。131028_171447                   

台風の余波で

荒れていた海も

べた凪でした。

海岸に若い二人連れが

座り込んで

夕日を見ていました。

131028_171624 そんな中をJyaJyaは

無遠慮に歩き回り

〇んちまでして

あたし、それを

取るのに

あたふたしていました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

実業団女子駅伝西日本大会の応援

2013年10月27日 | インポート

Img_3432 女子駅伝は

たいてい雨に

たたられていたが、

今日はすばらしい

晴天でした。

古墳群に面した

道路にならんで

応援しました。

しかし?

手には『新原奴山古墳群を世界遺産に』と書かれたのぼりを

持っていました。(^^;ボランテイアガイドの世界遺産応援隊です。

目の前を野口みずき選手が走っていくのだけみえ、片手で

シャッター押しましたが、他はのぼりがじゃまでなにも

見えんかった(^^;はははImg_3437   

午後二時から

TV放映を

見たら

往路、復路ともに

ほんの数秒

申し訳なさそうに

映ってました。

ま、そんなもんかな

                                                              今年の区間賞は、

マルチグラス

特製の

駅伝たすきバージョン

 の第二弾3個と、

ふくこいねこの駅伝バージョン

3個でした。

あなたならどっち?

                                                           (^^;  

25   Img_3353

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ガイド発表会

2013年10月27日 | インポート

Img_3430 ガイド養成講座の

最終日です。

5分間スピーチで

皆さん大変な

努力をされていました。

中には30分をしゃべり続

けるつわものもいたりして・・

15分位の講談を演じてみせてくれるさむらいもいたりして(^^;

聞く方もそれなりに疲れました。14人ほどがガイド認定証を受け取り

あとの単位不足の方がたは、補講によって認定となります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

恋の浦の悲恋

2013年10月26日 | インポート

黒田官兵衛の弟にあたる黒田利則(養心公)は、津屋崎の屋敷を出て渡(わたり)の薬師さまに参拝し、帰り道に庄屋の家に立ち寄りお茶を所望した。

茶を差し出したのは庄屋藤七の娘嘉代であった。決めごとのように、この嘉代さんは大変な美人であったらしい。

それから何事もなく過ぎたある日、お屋敷からの使いが嘉代をお屋敷務めに来させよ、と伝えた。

安物のTVドラマのようですが、筑前52万石の長政公の叔父さんにあたる津屋崎の殿屋敷からのお達しでは、庄屋さんとしては逆らうことなど当時は出来なかったでしょうねえ。

嘉代さんに彼氏がいなければ、『やったあ!玉の輿じゃあ!』とでも言ってくれたら、救われたでしょうが、ところがそうはいかないのですよ。

彼氏がいたのです。博多の廻船問屋、よろずや新兵衛の息子で新吉さんといいます。

廻船というのは福岡にもそれほど多くなかったと思いますが、500石以上の船で、1000石クラスになると、有名な北前船のように日本全国を回り大商いをしていたようです。

新吉さんは大商人のあととり息子ですから、藤七さんも嘉代さんも結納も終えてしあわせの絶頂にあったと思います。

どれだけ悲しみ、悩んだことでしょうか。

京泊(きょうどまり)という入り江に小舟が浮かんでいました。誰ものっていません。

ただ、船の中には歌が一首残されていたそうです。

『津屋崎の岸による波返るとも 恋の浦路はゆく方もなし』

慶長11年(1606)のことでした。

それから6年後には、養心公が亡くなっています。

19122_002 (恋の浦海岸)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加