海亀

山の朝焼け、海に沈むダルマ夕陽、凪の海、嵐の海、
砂浜の馬の群れ、一度だけ撮れた海に向かう海亀の子など


広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

小梅姐さん

2009年03月29日 | インポート

赤坂小梅といっても60代後半でないと知らないだろうな。

かくいう私も紅白歌合戦でチラッと記憶しているようないないような。

そのドキュメンタリータッチの映画の監督がこの街に在住なのだと

いうことで映画『小梅姐さん』の上映が企画された。

企画は、西鉄宮地嶽線の存続運動をされていた有志たちだ。

Img_0435_2

炭鉱の町から出た太っ腹芸者が民謡に新風

を吹き込む様子を描く。

寒かったけど午前の部で200人くらいが宮地嶽

神社の100畳敷で昔風に返って映画観賞した。

Img_0418

外は満開の桜、桜、桜

Img_0427

Img_0422 Img_0424しゃくやくかぼたんか、いずれも美しい!

なにもかも一緒に花開いて

華やかです ♪

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ああ、白蓮さん!

2009年03月27日 | インポート

小学校のころ課外授業みたいなものがあって

バスであちこち見て歩くのだが、バスに弱い

虚弱体質だった僕にはつらい一日だった。

今、強健体質(または剛健気質)となって、

なんでも見て歩きたくなってしまった。

Img_0388

伊藤伝右衛門邸の柳原白蓮さんの居室(二階)を望む。

姦通罪のあった時代、25歳年上の炭鉱王の夫を捨てて

7歳年下の帝大生のもとへ走った世紀の恋愛事件。

(むむ・・やはり若い方がいいのか)(そういう問題か?)

Img_0390

寅さん映画で見たことのある嘉穂劇場でなんと昼食。

Img_0395

そのあと舞台下の回り舞台の装置やらせり上がりやら

を見学。平成15年の豪雨で水に漬かった跡も生々しい。

いたずら書きもあり。(柳家金五郎だと)

Img_0399

Img_0414

田川市石炭歴史博物館の炭住と竪抗櫓。

Img_0409

あんまり~煙突う~が高いので~さぞや~お月さん

煙たかろ~サノヨイヨイ♪という煙突がこれなのだ。

世界遺産暫定リスト掲載の競争相手なのだぞ(^^;

途中山は桜が満開ですばらしかった。

いいお勉強でした。はい。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

花見

2009年03月23日 | インポート

昨日の夜組の飲み会があった。『花見』という。

花はないが飲むだけである。別に不満はないが。

花に対してちょっと申し訳ないかな。

Img_0374

こうしているとただの鷺みたい。

Img_0373

クロツラヘラサギだ。つがいかな。

Img_0375

今日津屋崎干潟で見た。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一気に春満開!

2009年03月21日 | インポート

Img_0361

Img_0366

Img_0363

宮地嶽神社はもう満開の桜あり、ほうき桃あり、

ぼたんあり。暖かさに惹かれて花見客もちらほら。

美しい早い春です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『めざそう!世界遺産』めぐり

2009年03月20日 | インポート

募集開始と同時に応募締切となった

『めざそう!世界遺産』めぐりと題した

バスツアーの第一回を行いました。

Img_0352

心配した天気もまあまあで午後から

晴れてきました。(ヒエー!ヨカッタア)

Img_0350

宗像高宮古代祭場ー神宝館ー古墳発掘現場ー

宮地嶽古墳ー手光波切不動古墳ー中央公民館

Img_0354

9時から3時まで昼食をはさんで熱心なボランテイア

ガイドと教育委員会の第一人者説明に、熱心に

聞き入る46名の参加者達の姿を見て『ああ、

企画して良かった』と思わせられました。

観光協会のスタッフは最高です!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加