冬北海道バイク旅 ~私の場合~

厳冬の北海道を安全・快適に旅するために

JA12Cジムニーのマフラー交換(アルマージ製サイレントマフラー)

2017-04-22 | ジムニー


 我がジムニーのマフラーは平成20年頃、純正マフラーがタイコ入口で折れたために社外品に交換したもの。当時私は、朝4時半に自宅を出て5時に出社する毎日を送っていたため、社外品の中でも静か目のをと選んだのが、ビクトリーオートさんの「オリジナルマフラー・タイプ1」であった。中回転から高回転にかけての吹けが良くなり、音も渋めで気に入っていた。
 しかしさすがに10年近い歳月と15万キロに及ぶ走行で、音が荒れてきた。このマフラーは腐食等で穴は開いていないしまだまだ使えそうなのだが、自分はもう五十代、静か目のマフラーに交換する事にした。
 作業は甲鈴オートさん(北海道浦河町)に依頼。アルマージさんの「サイレントマフラー」。溶接はしっかりしていて仕上がりは良く、取り付け時の誤差も無し。一見して砲弾マフラーのように見えるが、タイコは純正同様、マフラー前方にもある。タイコが2つ付いているマフラーは、確かアピオさんでも発売していたと思う。このサイレントマフラー、純正バンパー非対応で、かなり高い位置に出て、しかも後方のタイコは短くコンパクトに見える。出口はバンパーよりかなり奥、真後ろから見ると、バンパーの下ギリギリの位置に排気は出る。オフロード走行でヒットしないようなデザインである。写真では分かりづらいが、燃料タンクとマフラーとの位置関係に違いが表れている。我がジムニーは、ファストバックトップ(三角幌)とのマッチングを考えてあえてナンバー移動をしていないが、マフラーとのバランス的にはナンバープレートをリアゲートに移動したようが良いと思う。(自分は本格的なオフロード走行はまったくしない)
 排気音の音量は、ほぼ純正マフラーと同じ。しかしながらアイドリングから低速まで、乾いた低音のビートが心地良い。中回転から高回転にかけての吹け上がりは、以前より少し良くなった気がする。特に、従来苦手だった2千回転台のトルクが太くなった。例えば5速、時速50km、2500回転では、緩やかな上り坂でもスムーズに加速するようになった。

 この「サイレントマフラー」値段は非常に手頃なのだが、仕上がり、性能ともに大満足の一品である。ひとつ心配は…排気の出口がバンパーの奥、高い位置になったため、走行時の気流の関係で車体後部に汚れが着きやすいかも知れない。杞憂に終われば良いのだが…

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

モンベルのシュラフシーツをまた補修

2017-04-01 | アウトドア用品


 2年前に買った、モンベルのレクタンギュラーシーツ。コットンで肌ざわりが良く四角いので、主に家での布団用に使用している。従って、かなりの使用頻度ではある。上半身部分が腹・背の二分割に割れているのだが、小柄な私だからか、購入直後、酒に酔って起き上がった際、その裂け目が破れてしまい、補修・強化したことがあった。地元の「おしゃれ工房」さんで完璧なまでに施工していただき、その後は問題なし。

 このシーツは廃版になったようだが、先日、まったく別の箇所が裂けてしまった。ちなみに飲酒していない時である。前回の補修では、シーツ本体に近い値段で、プロに当て布もしてもらったのだが、さすがに今回は無理。かといって単に縫うだけではまた破れそうである。自分なりに木綿糸で縫った後、「困った時の」セメダインスーパーXで補強。今後、気を付ければたぶん大丈夫。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春のジムニーJA12C、ナックルにグリースほか(北海道)

2017-03-25 | ジムニー


 早起きしたある朝、近所の河畔の公園に行ってみる。まだ人影はほとんどないが、雪はすっかりなくなり春の訪れを感じる。
 雪解け時期を走ったジムニーは、細かい泥でうす汚れている。天気の良い日に洗車・鉄粉取り・ワックスがけをしなくては。この日はゆうべからの久々の雨。幌スクリーンのファスナー下部から雨漏りしていた。昨年8月に気になり、ファスナーに防水液(NIKWAX社TX.DIRECT SPRAY-ON)を塗り付けたら治った。半年も持てば上出来であろう。
 まもなく走行24万kmを迎えるが、機関は好調に思う。1月にウォーターポンプを交換してからの冷却水漏れも心配だったが、何事も起こってはいない。平成20年に8万km時点で装着したビクトリーオート製ステンレスマフラーは、外見上の傷みはないがさすがに音がバラついて大きくなってきた。機会を見て静かな物に交換したい。

 この週末、洗車とワックスがけをしようと思ったが、土曜日は朝から雪、昼には晴れたが風が強いのであきらめた。
 幌のファスナーに防水液を塗り込み、古いスペアタイヤカバーの傷や穴に黒コーキング剤を入れる。下回りは相変わらず錆びが酷いがしかたない。ホーシングのナックルは、普通の車だと油脂で黒光りしていると思うが、我がジムニーのナックルは乾いて錆びている。これが原因かフェルトパッドがズレるトラブルが過去に一度、さらにこのズレとは関係なくキングピンのベアリングがダメになったり、フリーホイールハブが固着したりもあった。はげたかはジムニーで川渡りなどはしないが、少なくともフェルトがずれたら雨水だって入りやすいだろう。時々、ナックルの錆びを#180~240のペーパーで落とし(ペーパーでは削れないほどの凸凹になっているが)、シリコングリースを塗り込んでやる。ハンドルを左へ右へといっぱいに切って車両の下に潜り込むのだが、非常に小柄な私でも意外と手が入りづらい、というか力が入りづらい作業だ。(ジャッキアップしていません) 古いグリースをこそげ落としたり、作業後に再度ハンドルを左右に切ってから余分なグリースを拭き取ったりする余裕はない。
 天気の良い日中に車両の各部を覗き込むと、様々な不安箇所が見つかる。機関や走行に直接関わる部分でなければ、細かい事を気にしていたらきりがない、と割り切るしかないのだが。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホンダ技研工業と、あのソニーのラジオ(私、オートバイはホンダ党)

2017-03-04 | アウトドア用品


 約14年前に入手した、ソニーの小さなラジオ、SRF-R633V。名刺サイズ。北海道滝川駅前の西友の閉店セールで安く買った物。冬も含めたキャンプツーリングのお供だった。平成21年の単身赴任からは、部屋でひとり野球中継を聴いたものだったが、2年ほど前に故障し、ケーズデンキで1万円ほどで修理した
 私は若い頃は中日ドラゴンズが好きだったが(谷沢健一、高木守道、それに小松辰雄の時代である)、今は地元の北海道日本ハムファイターズのファンだ。まもなくシーズンに入るが、車中で、あるいは飲みながら家で、ラジオの中継を聴いている。最近、ワイドFMなるものが登場し、AMラジオ放送がFM周波数帯(90MHzより上)で聴きやすい!と、盛んにワイドFM対応ラジオの宣伝もなされている。
 ちなみに我がジムニーのラジオや、それよりずっと新しい仕事用乗用車のラジオは、ワイドFM対応ではない。そもそもジムニーでは電気系統に問題があるのかAMも雑音が入りがちだし、騒音幌車だから大音量でラジオを聴くことになる、信号待ちでは音量を下げるけど。
 さて、先述した名刺サイズの古いソニー製ラジオ、実はワイドFM対応であった。びっくり。プロ野球中継を聴くのが楽しみでもある。最近は雑誌ビーパルの付録だった MAMMUTブランドのポーチに、予備電池をいっしょに入れて持ち歩いている。

 私、はげたか の所有車は、高校時代に乗った親父のカブも含めると、カブ50、ヤマハGT50、MTX125R、MTX200R、リトルカブ50、CT110、ゴリラ72、TLR200と、8台のうち7台はホンダ車だ。(ちなみに四輪はホンダ車には乗った事はなく、スバル2台、スズキ5台、マツダ1台)

 なぜホンダのバイクに乗るのか、自分でもはっきりとはわからない。ただ、乗りたいから乗るだけか。たまたま乗りたいバイクがホンダ製なのか。それが例え2ストでも。

 本田宗一郎とソニーの創業者とは、親交があったことは知っている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JA12Cジムニーのエンジンオイルと添加剤(平成9年式、現在237,000km、北海道)

2017-02-26 | ジムニー


 いままでエンジントラブルなく走って来られた。ここ18万キロ走行はずっと化学合成オイルだ。
 オートバックスで、主にMobil 1、季節によって10W-30と5W-30を使い分け。そしてオド13万キロ時、オイルの減りが気になってきた頃合いに、近所の整備工場に勧められてワコーズ「クイックリフレッシュ」という添加剤を入れるようになった。
 1本5千円、300mlの添加剤であり、添加割合5%であれば、F6Aエンジンなら、半量の150mlを入れれば良い。当初は3千キロに一度のオイル交換サイクルの、二度に一度、フィルター交換時に注入していた。かなりネバネバした糸を引く添加剤であり、オイルジョッキの縁に張り付くのが心配なので、新油を入れる前にオイルフィラーキャップの穴から直接添加剤を入れることにしている。添加剤の缶は、気持ち、人肌程度に温めておく。キャップを閉めてエンジンをかけると、みるみるうちにエンジン音が静かになっていくのが分かる。音だけでなく走行時のスムーズさ、オイル減少抑制もはっきりと体感できるので、21万キロ時からはエンジンオイル交換毎度、この添加剤を加えている。
 私、はげたかは添加剤の類はあまり信用していなかったのだが、ジムニーに入れているクイックリフレッシュと、ゴリラ等に入れているニューテックNC81プラスは効果が体感できる製品だと考えている。
 ワコーズ・クイックリフレッシュは1回分が2,500円ほどであり、化学合成エンジンオイルと合わせると、エステル系エンジンオイルを買えるくらいの値段にはなってしまう。それでもタービンブローやエンジンブローを起こしたり、オイル上がりでブローバイガスがインジェクターに悪さしたりすることを考えると、エンジンオイルにかけるお金は高くはないか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加