ひぶすま土曜午後

よく行く三茶、中目黒、自由が丘を中心としたメシ記録

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

恵比寿 Club子羊 (10/29)

2005-10-30 18:28:48 | その他
夕方からレイ&チャールズ イームズ展を見に目黒区美術館へ。中目黒から歩ける位の距離だと思ったけど、雨も降ってたのでバスにて移動。

展示はなかなか楽しかった。第二次世界大戦後のアメリカは、既に日本の今の状態だったのかもしれない。日本みたいに一回ゼロになったものから蓄積して、衣食足りて礼節を知るような余裕のある状態はここ数年だろうけど、アメリカはすでに礼節足りて、生活を楽しむレベルにあったのでしょう。アメリカの底力、潜在能力はすごい。あんなに機能的な、魅力的なデザインが50年前にはあったんだからねえ。

ところで展示を見終えて、連れがガレットが食べたいと言うので恵比寿へと歩く。あの辺りは清掃工場があるのが環境的にはイマイチだけど、逆に公園も多く住みやすいような印象を持ちつつテクテク。ところが、ガレット屋はお休み(T_T)。

仕方ないので軽くビールに切り替えるべく、恵比寿駅の周りへと出る。立ち飲みで軽く行くかなあなどと思いつつ、連れが知り合いのブログで見ていたClub子羊へ行きたいと言い始め、携帯で探し始める。情報は見つからないけど、ピーコックの辺りだというのだけを頼りに辺りを散策。なかなか見つからない。

ようやく携帯でPCサイトの情報から、電話番号だけを探し当て連絡すると、そりゃわかりにくい・・というかわざとそうしてるんだろうなあ。電話も携帯だけだから、104で聞いても分からないし。

ようやくClub子羊にたどり着き、生ビールとジンギスカンをオーダ。肉は、この前食べたくろひつじよりはるかに軟らかくおいしい。でも、ラム肉自体がタンパクで、”味が薄い”もんだから、どうも食った!と言う感じが薄かったなあ。

それよか、クラブこひつじの商売徹底ぶりには結構驚き。店は二階にあるけど、店名は出ておらずネオンの小さい羊だけ。入り口は普通のマンションのドアで、中はみえず、表札も出てない。電話も携帯だけ。店の中も狭くて内装などは最小限度。なぜか二階に登る階段も通路の灯りにカバーをかけ暗くしてあったし。

・・・ということで、ブームが去ったらいつでも終われるような”仕様”となっているとしか思えなかったです。あれで、ジンギスカン1人前1300円だったら、絶対儲かると思った。ただ、ブームとはいえ、どうやって店の存在を告知したんでしょうか。口コミ?一応ぐるなびには出しているようですが、そこだけで存在を知らしめ、うちの連れも知るようになったのでしょうかね。

そこがわかれば、商売始められるかも。
コメント (17)   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

自由が丘 rude boy cafe (9/23)

2005-09-25 13:25:10 | 自由が丘
日頃の疲れが溜まってるらしく、2時過ぎまで寝たおして連れと自由が丘へ。

カレーを食べようと、この前、前を通り気になっていたrude boy cafeに行ってみた。店にはラテンがかかってて、オープンでポップな明るい感じですごく雰囲気は良かった。でも味は正直好みじゃあなかったかな・・期待が大きかっただけにちと残念。

そもそもカレー屋と捉えて行ったので、そうじゃなくてタコライスとかだと良かったのかも。

ビーフ、ポーク、野菜、挽肉などがあり各々900円。これらを2種類ずつ選ぶと1200円。連れと合計4種類をオーダ。

自分ではビーフと野菜をオーダしたけど、ビーフはやけに色が黒くてどろっとしてました。味は辛めだったけど、スパイスが効いてたというと・・むむ?

野菜はサフランがベースなのか、ラタトゥーユというか、そんな感じ。ナス、トマト、赤ピーマン、黄ピーマン、ズッキーニなどが入った甘いめの味付け。

外から見た期待が高すぎたな・・・。

地図
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中目黒 カラカッタ (9/24)

2005-09-24 21:49:34 | 中目黒
二日連続でカレー。将来カレーや開くのにはこの位しなくては?

将来カレーや開くときは、カラカッタにインスパイヤされてカレーや開きました・・という位おいしいというか、好み。

いわゆるインドカレーでもなく、とろとろの日本カレーでもなく、オリジナルを行ってると思う。でもどちらかというとインドよりかな。

今回は、連れと共にハーフ&ハーフでオーダ。

・仔羊のカレー
・エビの帆立カレー
・挽肉のカレー(連れ)
・ポークカレー(連れ)

仔羊のカレーは、辛さが6でカラカッタ最大の辛さ。
(ちなみにカレーの辛さは”カレーのポット”マークで表されてます。)

食べてる途中から汗だく。本当に、滝です。だらだら。
間違っても水は飲めないです。

色も赤くて、カイエヌペッパーが多く入ってるのかとも思うけど、いわゆる唐辛子というよりもスパイス系の辛さ。入ってるのは、肉の塊とあとは何だろう。タマネギのみじん切りとかなのかな。

エビと帆立は、辛くはなくてむしろ甘い感じ。スパイスというか、サフランが利いてる。サフラン、あんなに味や色が付くほど入れたら高くないのかな。独自ルートでもあるのでしょうか。

そうそう、今回は初めてトッピングとしてレーズンバターを載せてもらいました。バターだからコクが出るはず・・と思ってたけど、レーズンがカレーと合うのもあり、コク、味ともより美味しくなりました。仔羊は辛みも緩和されて、食べやすくなったので、辛みが苦手だけど、仔羊を食べたい人にはオススメ。

地図

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中目黒 八雲 (9/17)

2005-09-19 21:02:46 | 中目黒
あれ、1ヶ月ぶり位だ。
忙しいというのを言い訳にするとキリ無いけど、何やってるんだろうなあ。。

歯医者が終わり、ジムまでの間にラーメンが食べたくなり、mixiで過去ネタチェック。

そうそう、醤油のアッサリしたのが食べたいと思っていたのでした。ということで、mixiのナビゲーションを頼りに”八雲”へ。

ガソリンスタンドの手前と書いてあるけど、それらしきものがない・・・。

近寄っていくと、道路に黒板が立ててあり、そこに「八雲 ↑この上」とだけ、書いてある(写真の自転車とバイクにまみれている辺り)。二階に上がっても、のれんがあるわけでもなく、店の名前が書いてあるわけでもない。ラーメン屋にしては、立派な木の引き戸をあけると、おしゃれなラーメン屋でした。夜は”夜雲”と書いてやくもと言う焼鳥屋らしい。この店構えは、それなら納得。

入り口脇の、自動販売機を見るとメニューとして「白だし」「黒だし」と各々あり、わんたんやらつけ麺やらが並んでました。よく分からなかったけどには、つけ麺の気分で、わんたんつけ麺(黒だし)を頼む。

席についてきょろきょろしていると、つけ麺を食べてる人はいない、正直、後悔。ここは”中華そば”屋だから、つけ麺は失敗だったか・・と思っていると、つけ麺のだしと、わんたんの器が。もちろん、わんたんにはスープが入っており、つけ麺セット+わんたんで提供しているらしい。

先にわんたんを食べてみると、うまい!エビがプリプリしててスープも澄んだあっさり醤油味。周りを見回してて思ったけど、多分黒だしが醤油味で白だしが塩味ではないかと思う。いやいや、わんたんとつけ麺を完全に分けて出すとは、予想外かつしゃれた出し方ですね。

そのうちつけ麺の麺が出てきたけど、つけ麺の麺って太いのが多いですね。八雲のもしっかりコシのある太麺でした。つけ麺のだしは、さきのわんたんよりもう少し塩見が濃いけど、基本は同じでした。だしには、メンマとチャーシューがはいってましたが、奇をてらわず、基本に忠実な感じがなんとも美味しい。

ラーメンというと、今まではこってりしたものを好んでたけど、ここのあっさりした滋味を引き出した、だし味は体にも負担がなくて、いいものを食べてる感じがしました。

こりゃクセになるかも。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高円寺 抱瓶(だちびん) (8/20)

2005-08-20 23:52:08 | その他
高円寺といえば沖縄料理、沖縄料理といえば抱瓶だと自分の中では思い込んでいるお店です。”The”高円寺ではないでしょうか。アド街では6位だったようですね。

土曜というのもあり、行ったときは満席でしたが、すぐに入れる状態となりラッキーでした。

今回は、前回行ったときに頼み損ねたテビチをはじめオーソドックスなところを頼みました。

・テビチ(ティビチが正式?ですね。煮付け風、汁物)
・ゴーヤチャンプルー
・パパイヤチャンプルー
・ミミガー
・沖縄そば

くいしんぼの二人にしては控えめでした・・これで9,000円くらい。値段は安いとは言い難いけど、おいしいので満足度は高いです。


にしても、前回食べ損ねていたテビチの汁物は最高でした!

よく煮えてるのはもちろん、味付けも自然で、ありがちなボイルした豚足とはまったく別物です。もう2杯くらいお代わりしたいくらい。あうぅ。

他のものも、普通のものがすごくおいしいと言う感じ。特にチャンプルは材料がおいしいのでしょうか。

連れは、シークワーサーサワーで自分はビールでいっときましたが、やっぱり泡盛いっときゃよかったかなとちょっと後悔。

地図
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

阪急東通商店街と武蔵小山

2005-08-17 11:17:35 | その他
今日は本当に天気がいい。台風一過ではないけれども、そんなような天気です。

ところで、自分はものごころついたころから街というものに興味があり、いわゆる旅行だけでなく、近所も含め色々関心を持って見て来ました。そのせいか、大学に入って以降、引越しは10回を超えてしまいました。

さて、街でもとりわけ商店街は興味があります。
でも全ての街、商店街が好きということはなく、以前大阪や京都に住んでた時、阪急梅田東通り、お初天神、ミナミの戎橋商店街、新世界などの”濃さ”には違和感というか、苦手なものを感じてました。そういえば、最初に住んだ豊中の庄内もそうでした。

この前、連れと話をしてて次に住むならどこがいいだろうという話をしていて、武蔵小山の話になった時、「ディープだから避けたい」と言い出しました。大阪の天王寺のような”ディープさ”があると言うのです。

あ、同じこと感じてるな・・と、自分以外もそう感じるのかと・・ちょっと意外だったのですが、自分だけでなく関西の街には”濃さ””ディープさ”を感じさせる何かがあるんだなと。

ちなみに自分は九州、連れは東京出身でばらばらですが関西に対して似たような意識を持っているのは興味深い。連れには高槻に親戚がいるので高槻についてもコメントしてましたが、そんなに”ディープ”ではないと。これにも同感・・・このディープさとディープでないものの違いは何でしょう。

ひとつには、文化住宅の存在に代表される建築物そのものの違い。ただ、建物が違う背景には、さらに文化が存在するでしょうし、それが商店街の”ディープさ”として表現されているからには、何かが違うのでしょう。主観的には、関西は店の看板がでかい、色使いが派手などあると思いますが、それだけじゃない。

東京でも下町と言われている東の方のエリアにも、このディープさを感じるエリアがあります。東京の葛西や、千葉、埼玉あたりの新しい街に特有のものともまた違うもの。関西、下町・・なんとなく共通点がありそう。でも、西のエリアにありながら武蔵小山を代表とする大田区あたりに存在する共通するものは一体何なのでしょう。

歴史だけじゃない気がしてますが、誰か示唆をいただけないかなあ・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中目黒 いろは寿司 (8/13)

2005-08-14 21:37:25 | 中目黒
mixiで話題になってた(笑)いろは寿司。ウワサ通り安くてうまい店でした。ネタが新鮮で、これは正直意外でしたが・・(失礼)。

中目黒駅近くのガード下にある店で、外から見てる限りは狭い店かとおもってたら、中は意外に広かったですね。でもガード下ですから、電車の音はやはりしてました。電車好きな自分は全然気にはなりませんでした(素)。

連れと二人で行きましたが、ビール飲んで好きなネタを一通り食べて、汁物までいって5千円ちょっと。さすが、ガード下のうわさの店でした。

あと、B級グルメ的には、mixiで紹介されてた”芽ねぎとうずら”。
これは最高!

連れと、まずは一つずつ頼み追加でもう一つずつ。もっといけたと思いますが、他のネタもいきたかったので。中トロもなかなかでした。最近なかなかな店が増えてますが。。

雰囲気はさておき、おいしい寿司を安く食べたいときにはオススメのお店です。

地図
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中目黒 cafe carat &恵比寿 cafe torch (8/13)

2005-08-14 21:14:30 | 中目黒
今日は珍しく一日に二軒のカフェに行きました。
マイブームはカフェブーム。

中目黒のcafe carat(カフェ・カラット)は、ジムのあと、連れと待ち合わせました。中目黒の目黒川にちかい東急の向かいのビルの地下にあります。前から知ってはいたけど、初めて。

地下に階段を下り、入ると予想よりはるかに広い。あと、たまたまかもしれないですが、行ったときはスタッフが全員男性でした。調度品も、黒を基調としてたり、オーディオのアンプが真空管だったり、”男カフェ”でした。

注文したのはビールだけでしたが、広いし、食事のメニューも充実してのたので、もっとゆっくりしたできそうでした。

地図


恵比寿のcafe torch(カフェ・トーチ)は、cafe caratに同じようなcafeを紹介したカードが置いてあり、それで知りました。cafe caratは恵比寿の駒沢通り沿いにあり、東京湾花火のあと、ちょっとお茶でもしようかと地上に出たところ大雨・・おかげで駅出口近くのそこに入りました。

お店のトーンは最初のcafe caratと似た、古い革張りのソファーノリでした。ただ大きな違いは、二人いたスタッフの方がいずれも女性・・女カフェ?なのでしょうか。

こっちでも、あんまり飲まなかったで料理まではよく分からなかったですが、価格的にあまり高くなかったし、ソファーのりなので、飲んだあとにゆっくりしたい時などにはいいかもという感じでした。

地図(同じビルの違う店です)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

吉祥寺 イタリアン キャンティ・セテ (8/12)

2005-08-14 20:38:38 | その他
元会社の同僚夫妻と、うちの連れも合流して吉祥寺のイタリアン、キャンティ・セテへ。同僚が行く前に”キャンティ”と言いながら「六本木とか自由が丘のとは違うからね(笑)」と事前に教えてくれて安心して行けました(笑)。

さて、お店はそんなにかしこまった感じではないですが、かと言って学生があつまるようなノリでもなく、天井も高くて広々したいい感じの雰囲気でした。

オーダしたのは

・生ビール
・スプマンテ(フルボトル)
・グリーンサラダ
・生ハムとルッコラのピザ
・石焼きリゾット
・タコの唐揚げ
・黒豚の炭火焼き
・デザート(ティラミスなど)&エスプレッソ

などフルに食べて、大人四人で1万8千円とリーズナブルで大満足でした。

もちろん全ておいしかったのですが、中でもチーズを使ったピザとリゾットは、コクもありいけました。あとは、サラダのドレッシングが、たまねぎとゴマをベースにしたようなもので、おいしかったです。

ここは、大勢で行く方が色々頼めて楽しいですね。

吉祥寺は他にも楽グループの居酒屋など、安くておいしいお店が多いですが、ここも相当満足度の高いお店でした。

地図
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

明大前 沖縄料理 宮古 (8/10)

2005-08-14 20:26:50 | その他
高井戸に勤める会社の元同僚と久々に飲みに行くことになり、明大前の沖縄料理屋宮古へ。二回目でしたが、あいかわらずキレイとは言い難いたたずまい&格安。大人4人で行って1万ちょっと・・・でも居心地よくて、料理もまあまあで満足出来るお店です。

この前は高円寺抱瓶(たちびん)に行ったけど、抱瓶の方がお店としは”正統派”な感じで、落ち着いて飲めるお店でした。宮古は学生ターゲットでしょうか。安くてとにかく沖縄料理をたらふく食べて飲める店です。

テビチ(豚足の煮込み)は400円くらいだと思ったけど、これは本当に美味しかったです。これだけを食べに行く価値もあるかも。

元同僚は豚足が苦手だと言ってたけど、気に入ってくれたようでした。

地図
コメント
この記事をはてなブックマークに追加