Praha

日々、楽しんで...

ごくらくちんみ

2017-06-13 | 

杉浦 日向子 著

表紙の絵は、‘‘このこ’’と‘‘またたび’’。
挿画も杉浦日向子作。



↑こんな風に解説付き。

珍味なので、私の食べたことのない物が多い。
でも、あっても食べれないかもと思ってしまうものも幾つか。
それでも、「虫の味」という話に出てくる‘‘蝗’’(いなご)は小さい頃稲刈りの時期によく食べました。
稲刈りの時捕った蝗を大鍋で母が甘辛く煮ました。
形は蝗そのものでも食べると美味しかった。

‘‘ドライトマト’’なんかも珍味の中に含まれていて、赤ワインのつまみに。

この珍味でこんな話。そして、それに合うお酒。
とにかく読んでいてお酒が飲みたくなり、つまみを作りたくなる一冊でした。
どれも400字くらいの短編ですが、中味が濃く、切れ味抜群の文章。
私が好きなタイプ。

こんな文章をもっと読みたいのに、46歳という若さですでに逝去。
残念です。

『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ストケシア | トップ | 糸巻きスタンド »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。