Praha

日々、楽しんで...

さようなら、猫

2017-04-04 | 

井上 荒野 著

彼女の他の本(今読んでいる)を探していたのですが、見当たらずこの本選びました。

"自分の猫"他8編の短編です。
猫には癒されると思っていましたが、怪我をした猫の話、キャットシッターで行った先の猫の存在が不確かな話…
猫がかわいそう、えっこんな事するの?と読みました。

表紙の猫の後ろ姿、ちょっと寂しそうに見えるのはそのせい?

『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さくらの様子を見ながら | トップ | ベジタブルオイル食パンと桜 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。