よむこと紡ぐこと 自分なりにつづけてみよう

文学にまつわることを自分なりにつづけてみよう
ブログに記録してみようというブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

《ひとりごと つぶやき》この夏は『古事記』の本を読んでみる、動画で見てみる

2017年08月02日 | ひとりごと つぶやき


先日投稿した記事でも触れたことですが、テレビを視聴していると人間の脳は受動的な状態になるので影響を受けやすくなるという話があります。




「メディア テレビ 脳 受動的」と入力し検索してみると多くの情報が出て来ます。
Google検索結果 https://goo.gl/vmy2eq

脳科学者の久保田競先生の名前も追加して検索して見たところやはり先生もおっしゃっていることがわかりました。
Google検索結果 https://goo.gl/2Ruumh


それならば、古事記の本を読みつつ、動画でも「古事記」見続けてみたら、どのような素敵なことが始まるのだろう!!と思いつきました。

選んだのは、本年四月に亡くなられた渡部昇一先生がご出演されていたインターネット番組で『古事記』が特集されていた回。



渡部昇一『書痴の楽園』 #27 現代に語り継ぐ『古事記』とは?
https://youtu.be/bEeq36rHcL8




この回の放送は「神話を学ばなかった民族は、例外なく滅んでいる。」というアーノルド・トインビーの衝撃的な言葉からはじまります。


渡部昇一先生が解説してくださる「古事記」を動画で視聴すれば、どれだけの良い影響が脳にもたらされるだろう!しかも撮影場所は知の巨人の書庫。あの蔵書の全てが!とおもうと実行した未来がどうなるのか、結果が楽しみで仕方がありません。

そんな壮大な仮説を立て実証へ向け徹底的に視聴するだけではなく、書籍を読むことで能動的に脳に刺激を与えることにしました。


福永武彦氏の現代語訳が数年前にリバイバル・ヒットしたのを印象的に思いましたが・・・

最近は竹田恒泰氏の現代語訳がベストセラーになっているようです。


どちらを読むかは決めかねていますが、まずは動画を徹底的に視聴しています。



さて、渡部昇一先生の「古事記」解説三部作は、第二部、第三部に可愛い若い女性もゲストで登場しています。


渡部昇一『書痴の楽園』 #28 『古事記』と現代女性の熱い関係?
https://youtu.be/dsjgskKQs-k


渡部昇一『書痴の楽園』 #29 『古事記』と日本人 21世紀に伝えたい神話
https://youtu.be/9OQNZaTuMww



古事記が若い方に熱く注目されていたとは知りませんでした。

仮説を実証するために熱い視線で動画を何度も視聴し、明るい未来を思いながら夏を充実させられることを嬉しく思います。