よむこと紡ぐこと 自分なりにつづけてみよう

文学にまつわることを自分なりにつづけてみよう
ブログに記録してみようというブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

《短歌》春 お彼岸の神社で

2017年03月26日 | 和歌(短歌)



鳥憩ふ 笠木を見上げ お彼岸の
        参拝済ませ ひだまりを行く





とりいこふ かさぎをみあげ おひがんの
          さんぱいすませ ひだまりをゆく











ある晴れたお彼岸の日に氏神様へ行きました。

お参りを済ませ石畳を進むと鳥居の笠木の端で鳥がくつろいでいるようでした。

しばし見上げて、鳥居をくぐり春の日差したっぷりの街を散歩しました。



『短歌』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 《ひとりごと つぶやき》か... | トップ | 《ひとりごと つぶやき》が... »
最近の画像もっと見る

和歌(短歌)」カテゴリの最新記事