よむこと紡ぐこと 自分なりにつづけてみよう

文学にまつわることを自分なりにつづけてみよう
ブログに記録してみようというブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Survivors

2016年06月02日 | 和歌(短歌)



生き抜きし Survivorsが 歩み出す
       手をとりあって 核なき世界へ





いきぬきし さばいばーずが あゆみだす
          てをとりあって かくなきせかいへ









オバマ大統領が広島訪問を終え帰国後、思い出したことがありました。

オバマ大統領が大統領選挙を制し有色人種初の大統領として大統領就任演説をするという報道があった頃、某媒体がとある見解を伝えていました。私の記憶から大まかに書きますと、有色人種の大統領誕生を阻止したい諸団体が暗殺を計画しているという情報があること。もしそれが実行され大統領に万が一のことが起きれば、アメリカ国内は人種間対立によって国民が二分し、国際情勢、国際経済ともに大きな影響は避けられないというものでした。


NHK WORLD TV Live のニュースでオバマ大統領広島訪問が特集されていた中で、ある被爆者の方へインタビューをした際、テロップで被爆者のことをAtomic bomb survivorと表現していたのですが、オバマ大統領も言うなれば暗殺の危険から逃れ生き抜き、現在も有色人種の大統領として特殊な立場からくる理不尽な危険を牽制しながら生き抜いているsurvivorであると気が付きました。

あの時の広島で大統領が被爆者と握手し抱擁した光景は原爆投下の瞬間から苦難の日々を生き抜いているsurvivorと人種の偏見によって命の危険にさらされながら大統領として生き抜いているsurvivor同士の握手であり抱擁であったのだと思いながら、あの光景を思い出しました。


オバマ大統領は弱腰と揶揄されるようですが、オバマ大統領の本格的な活動は大統領任期中よりも、大統領任期満了後、元大統領として、ノーベル平和賞受賞者として被爆者の方々や多くの日本人、核兵器ゼロを願う全ての人々と手を取り合って核兵器ゼロの世界を実現するための活動をスタートさせてからなのかもしれない。


そう思いながら、この歌を詠みました。


原爆投下時の記憶がある被爆者は晩年を迎え、残された時間は多くはありません。そのような中で、被爆者の核兵器ゼロへの意志を本当の意味で受け継げるアメリカ大統領が戦後71年目に広島を訪れたことは、歴史上の出来事としてだけではなく、人間の精神性・霊性という側面からも非常に意義深い出来事だったと個人的には感じ入る次第です。



歌の中にある「手をとりあって」という表現は「手を取り合って」という言葉とクイーンの Teo Torriatte (Let Us Cling Together)という作品の両方を意識し用いました。


参考
YouTube
Queen - Teo Torriatte (Let Us Cling Together) - (Official Lyric Video)


BARKS音楽ニュース
クイーン「手をとりあって」が、いま再び注目を




『短歌』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 五月雨 | トップ | 白いアスパラ »
最近の画像もっと見る

和歌(短歌)」カテゴリの最新記事