よむこと紡ぐこと 自分なりにつづけてみよう

文学にまつわることを自分なりにつづけてみよう
ブログに記録してみようというブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

《短歌》事始め

2017年01月02日 | 和歌(短歌)



新春の 光あふれる 街角で
         さあはじまったと 歩み出す吾





しんしゅんの ひかりあふれる まちかどで
          さあはじまったと あゆみだすわれ







正月二日、新年事始めと申しましても、私は所用で朝外出したというだけなのです(笑)。

元旦から良いお日和がつづいていて、歩いていても光りがきれいなので、うれしい気持ちで青空をながめ歩きはじめました。

あの景色と思いを三十一文字にできて嬉しいです。




『短歌』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 《短歌》元旦の初詣 | トップ | 《短歌》街 新春の夜 »
最近の画像もっと見る

和歌(短歌)」カテゴリの最新記事