よむこと紡ぐこと 自分なりにつづけてみよう

文学にまつわることを自分なりにつづけてみよう
ブログに記録してみようというブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

《短歌》平成二十九年の節分會

2017年02月11日 | 和歌(短歌)



節分會 鬼やらひとは 言ふけれど
         鬼も喜ぶ 晴れの姿に





せつぶんゑ おにやらひ とはいふけれど
          おにもよろこぶ はれのすがたに










本日は「建国記念の日」。私が住む地域は良いお天気に恵まれています。

先週金曜日の節分に豆まきの光景がNHK WORLD のニュースで放映されていました。

稀勢の里が横綱になり、初場所の相撲解説を休養のためお休みされた北の富士さんも喜ばれていたようで北の富士さんのファンとしては嬉しい限りです。

相撲は角力とも表しますが、どの鬼も思わず喜んだ晴れ姿だったのではないでしょうか。



『短歌』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 《ひとりごと つぶやき》冬... | トップ | 《ひとりごと つぶやき》親... »
最近の画像もっと見る

和歌(短歌)」カテゴリの最新記事