よむこと紡ぐこと 自分なりにつづけてみよう

文学にまつわることを自分なりにつづけてみよう
ブログに記録してみようというブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

《短歌》大晦

2016年12月31日 | 和歌(短歌)



沈黙の 夜を楽しむ 大晦日
         テレビを消して ラヂヲも消して





ちんもくの よるをたのしむ おおみそか
          てれびをけして らぢをもけして







最近は日本語のラジオではなくAFNやBBCを聞くことが多くなりました。先ほどまでAFNを聞いていたのですが、ふとラジオのスイッチを切ってみました。

沈黙とともに訪れたのは大晦日らしい夜の静寂。

この贅沢な夜を味わっていたところ三十一文字が浮かびましたので、投稿させて頂きました。



本年五月より始りました本ブログですが、更新が滞りがちになりましたにもかかわらず、多くの方々にお付き合い頂きましたこと御礼申し上げます。

皆様に御覧頂いていることがありがたく励みとなっている次第です。この拙いブログにお付き合い頂き本当にありがとうございます

マイペースではございますが続けていく所存です。

来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


来る平成二十九年(西暦2017年)が皆様にとって素晴らしい一年になりますように末筆ながらお祈り申し上げます。



『短歌』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 《ひとりごと つぶやき》ク... | トップ | 《短歌》元旦の初詣 »
最近の画像もっと見る

和歌(短歌)」カテゴリの最新記事