三味線弾きの日常。

スーツケースには 津軽三味線 と 着物。
二足のワラジで 今日もゆく。

この世界の片隅に。

2016年12月28日 | 鑑賞
前にテレビで
原爆投下前の広島の街を再現するための
丁寧な取材ぶりを見てから
気になっていた作品。





もっとこうだったらいいのに、と
今は持っていないものを求めて
でもなかなか手に入らない、
自分の毎日をそんなふうに捉えて
焦ったり凹んだりしがちだけど、

映画を観終えると

今の自分が在る
このささやかな世界が
いとおしく見えてくる。


そしてまた、
今もこの世界の片隅に
戦争の中の日常を生きている人たちがいることに
思いを馳せる。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 稽古おさめ。 | トップ | 悲しくてやりきれない。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

鑑賞」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。