三味線弾きの日常。

スーツケースには 津軽三味線 と 着物。
二足のワラジで 今日もゆく。

都々逸とぞめき囃子。

2017年04月05日 | 三味線のはなし
あなたの声には都々逸なんかいいと思う

とか
言わんとすることは大変よく分かるんですが

都々逸って
声だけじゃなくて
話術も、むしろ話術が大事なんじゃないかと
野中師匠を見てると思うのです。




古賀政男って三味線を弾いたりもするのかーと
軽い気持ちで見てみたら
びっくりするほど良い三味線。

こういうのも
ええなーと思うんです。

思うんですけど

無条件にわくわくできるのは
やっぱり祭囃子の方だなぁ。

阿波踊がやりたくて
メンバーをあたってみたりしたのですが
今回はスケジュール調整ができず。
でも絶対楽しいから。
またトライします。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« うたとかたり。 | トップ | 痒いところに手が届く。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

三味線のはなし」カテゴリの最新記事