三味線弾きの日常。

スーツケースには 津軽三味線 と 着物。
二足のワラジで 今日もゆく。

もう唄うしかない。

2016年10月29日 | 鑑賞
日本シリーズの夢破れて
今とても悲しい気持ちでいっぱいです。

そんなときには
思いきり唄うのだ。
唄って気持ちを発散させるのだ。


いつかやってみたい曲、
というのは幾つかありますが、
これもその一つ。

巡恋歌
長渕剛
Universal Music LLC


長渕剛の巡恋歌。
ある意味で私の原点でもあります。

これを弾き語る先輩が上手くて
フォークギター同好会なるものに
うっかり入ってしまった高校生の私。
先輩のおかげで
ライブハウスデビューを果たして
すっかりその虜になって今に至ります…


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三味線の撥って必要なんですか? | トップ | 結婚式での津軽三味線演奏。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。