三味線弾きの日常。

スーツケースには 津軽三味線 と 着物。
二足のワラジで 今日もゆく。

カルメン。

2016年10月14日 | 読書
いつかやってみたい作品のひとつ、カルメン。

サロメは
シュトラウスのオペラよりも
ワイルドの戯曲の方が好きでしたが、
カルメンは、ビゼーのオペラのイメージが強いです。

メリメの原作を初めてちゃんと読みました。


カルメン (新潮文庫 (メ-1-1))
メリメ 堀口大学訳
新潮社


この小説を
あのオペラに脚色する才能、すごい。

そして、長い間、ビゼーはスペイン人だと思ってましたが、
カルメンはフランス語オペラです。
学生の頃、これを歌いたかったんですが、
声楽の先生に、僕はフランス語はやりません、と言われました。

ハバネラ。

いつか歌いたい曲のひとつ。






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 15年9ヶ月。 | トップ | 和楽器フロンティア。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。