三味線弾きの日常。

スーツケースには 津軽三味線 と 着物。
二足のワラジで 今日もゆく。

東北の音と糸。

2017年03月06日 | 響喜
3月19日の「東北の音と糸」は
トリオ編成の響喜。

絃デュオのときよりも
東北芸能色が強くなっております。

東北の音と糸。

今回、こぎん刺しのコースターを出品してくれる
みつばち舎の杏さんが付けてくれたタイトル。

糸には
こぎん刺しとか
手編みニットとか
という意味だけではなく
音を紡ぐ、
縁を繋ぐ、
というイメージも重なります。

素晴らしくぴったりくるタイトル。




2017.3.19.Sun.
東北の音と糸 vol.2

【場所】中之島SPINNING 3階
 大阪市中央区北浜2-1-14
 (淀屋橋、北浜、なにわ橋の各駅より徒歩1~3分)
【開場】13:30
【開演】14:00

震災から6年。まだまだ復興の途上にある東北に想いを寄せて。
音と糸で縁を結ぶチャリティーイベントです。
【入場無料】会場にて募金箱を設置いたします。
物販売上と合わせて、被災地の復興のために寄付させていただきます。

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 良い流れ。 | トップ | 今やることの意味。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

響喜」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。