三味線弾きの日常。

スーツケースには 津軽三味線 と 着物。
二足のワラジで 今日もゆく。

こころ。

2016年10月19日 | 三味線のはなし
上手だから人気が出るわけではない。


そんなのよくある話だし
何もポピュラー業界に限らず
三味線の世界だってそういうことがある。

そういうときに
実力を見極められない世の中の風潮を嘆いたりしがちだ。


でも、そうじゃないよ。

上手だから人気があるんじゃなくて
そこに心があるかどうかなんだよ。


って
お話を聞いて
ほーーっと思いました。

そうか。
そこで
上手いこと売りやがってチキショー
とか思ってちゃいけないんだな。


私はまだ頑張るよ。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 和楽器フロンティア。 | トップ | 道頓堀川面舞台。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。