三味線弾きの日常。

スーツケースには 津軽三味線 と 着物。
二足のワラジで 今日もゆく。

市丸没後二十年。

2017年06月16日 | 三味線のはなし
というのを
邦楽ジャーナルの裏表紙で見かけました。

市丸のすべて
日本伝統文化振興財団


市丸さんの声。
艶っぽくて憧れます。


先日、
小唄が好きとおっしゃる、数え八十の紳士とお話したのですが、
私も上方唄とか少しやってるんですけど
なかなか若い人に聴いてもらう場がなくて、、と言ったところ、
ああ、それはムリやな、とあっさり。バッサリ。

まぁそうだろう。
それは分かる。
分かってるから悩んでる。
ムリだって諦めたら、そこで終わり。
それじゃいけないと思うから頑張ってる。

夢だっていろいろ。
民族音楽を通じて世界の人とつながって、って
明るく広がるような形だけじゃない。
一気にブレイクするなんて大それた夢は見ない。
少しずつ少しずつ積み重ねていくしかないと分かってる。
三味線を身近に感じてくれる人を一人でも二人でも増やしていきたい。
一日一善的に。
だってさ。市丸さんの唄、すごくいいと思うもん。
そういう感覚を持ってる人はきっともっといると思う。
三味線のこんなに豊かな世界があるのに
顧みられていないことが悔しくて仕方ないのだ。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宿題いっぱいの夏。 | トップ | 音楽の祭日inみんぱく2017。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。