三味線弾きの日常。

スーツケースには 津軽三味線 と 着物。
二足のワラジで 今日もゆく。

Cross Your Fingers vol.19。

2017年05月04日 | 鑑賞
今日はオフなので
Cross Your Fingers 観に行ってきました。



映画では全然泣けなかったのに、
上白石萌音の「なんでもないや」は
泣けるいい歌でした。
繊細で素直な歌。
本当に“心が洗われ”ました。

ソルトさんにもっと弾いてほしかったとも思いつつ
バンドセットの竹善さんのステージもかっこよかった。


今日のゲストアーティストの顔ぶれに対して
こういう感想はおかしいんだけど、
実は私はR&Bとかブルースみたいな
太くてパワフル、ソウルフルな歌というのは
あんまり好みではなくて、
キレイな音が好きなのかなと思いました。
表現の幅は広い中でも
柔らかい音色の美しい人が好き。
ソルトさんのピアノみたいに。
竹善さんの声も響きが丸く広がるイメージ。
あくまで、個人的な好みのことだけど。
つまり、だからこそ
自分の目指す音は叩き三味線ではなく
竹山さんの音色でありリズムであるのだし、
民謡らしい声ではなく市丸さんの艶なのだと思う。


さて。
私ごときの唄に
何ほどの力もないでしょうけれども。

明日は食博にて和風カルメン。
三味線でハバネラです。

3号館UTAGEステージにて
12:00~と14:00~
小梅と万響の和オペレッタ
です。

しかし、すごいタイトル。笑
(知らない間に付けられてまして…)




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 食博2017。3/4。 | トップ | 食博2017。4/4。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。