ヒバリ教室ピアノ日記♪

ピアノのレッスン日記、その他ヒバリ先生が見聞きした音楽関係・芸術関係etcの日記。

さまざまな感性・・・Hちゃん

2017年05月02日 | レッスン日記
Hちゃん(小4):
「アレ弾いていい?アレ・・・」
カバンも開かないうちにHちゃんの第一声はこれでした。
「わかった。アレだね?」
アレ、というのは、そう、「天国と地獄」です。
先週も先々週も、「あたし、これだーい好き!」と言いながら弾いた「天国と地獄」。
Hちゃんはピアノの前に座って、いきなり弾き始めました。
速い!先週よりもっと速い。
もちろん暗譜です。
「速く弾けるようになったねえ~」
「うん、それにね、ほら、バーナムの、あれも速く弾けるようになったよ」
「バーナムのあれ」とは、左手の半音階のことです。
「そっか。それじゃ秒はからなきゃね?!」
「うん・・・」
Hちゃんはちょっぴりドキドキしてるみたいに、だけど「やるぞ」って顔で笑いました。
「じゃ計るよ。せーの!」
1回目はいきなり間違えてしまって、「今のはナシ!」ってことになりましたが、次に弾いたときは、先週の約束通り10秒を切って、8秒56のタイムで弾くことができました!
「もうひとつの曲ももう弾ける。楽譜もいらないから」
「天国と地獄」、「バーナム」、そして3曲目になっても、まだ譜面台には何も楽譜が置かれていません。
Hちゃんは、譜面台に何も楽譜を載せないまま、先週の宿題だった「茶色の小びん」を弾きました。
「あたし、左手のコードを覚えちゃったから。C、F、G7、C・・・」
「なるほど、そうだよね。コードの流れがわかってれば、弾くの楽ちんだよね」
「うん!なんか覚えちゃった」
今日のHちゃんは自信にあふれてるって感じで、ノリノリオーラいっぱいだ。
いいなあ。
「茶色の小びん」が合格になって、次の曲は、この勢いで弾けるような「幸せなら手をたたこう」にしました。
「Hちゃん、『天国と地獄』とか『そっくりかえろう』とか、こういう速くて勢いのある曲、好きなんだね?」
「うん、あたし、カチャカチャした曲、大好き」
そうなんだ・・・
これまでHちゃんは年齢の割に、「え?」と思うような大人っぽい、胸キュンみたいな曲を好むところがありました。
1、2年生のころから「ナウシカ・レクイエム」を選んだり、去年の発表会で弾いたのは「彼こそが海賊」でした。
これらのドラマチックで胸キュンな曲に心をつかまれる感性を持つ反面、最近は 手や指を駆使するテクニックを要求される曲に魅力を感じてきているらしい。
改めて、Hちゃんの感性に思いを馳せてしまいます。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「おどるポンポコリン」でセ... | トップ | ゴッドシャルクのイントロ♪ »
最近の画像もっと見る

レッスン日記」カテゴリの最新記事