陽あたり良好

ほんわかした毎日と、写真、そして黒柴「茶々」
りんごとれもんの二人で綴ります

多々良木ダムの夕暮れ

2017-07-14 19:01:39 | 「れもん」の写真帖
れもん* です。
日本有数の揚水式発電所の下部ダムとして知られる
多々良木ダム

揚水発電というのは、上部と下部の2ヶ所にダムをつくり、
深夜電力を使って水を上部ダムに汲み上げておいて、
たくさん電気を使う昼間に、その水を下部ダムに落として発電するものです。

そのダムの真下の
あさご芸術の森 に、今回の但馬の宿があります。
夕食までの時間、宿の周囲を見て回りました。

あさご芸術の森のオブジェ
多々良木ダム
多々良木ダム貯水池
山の端の雲
あさご芸術の森美術館「最後の午餐」
夕暮れの雲

穏やかに、一日が暮れて行きました。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 棚田のライスおじさん | トップ | 神子畑選鉱場跡 »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
朝来で泊まられたのですね。 (ライチル)
2017-07-15 22:00:46
朝来美術館は、在職中ここで或る会合があり一度だけ訪れた事があるので懐かしく拝見しました。多々良木ダムは車窓から見ただけでしたが規模の大きさに驚き、美術館はこんな辺鄙な所にあんなに立派な美術館と彫刻があるなんて!と淀井敏夫氏の作品にも驚いた事を思いだしました。まさかれもんさんが此処を訪れて宿泊されるとは!つぎはいよいよ神子畑?竹田城?かな?楽しみです。
え、行かれたんですか! (れもん)
2017-07-15 23:10:30
ライチルさん、竹田城にも比較的近いのでこの宿を選びましたが、
緑豊かで、静かないいところでした (^_-)-☆

ダムも芸術の森も、宿に着くまで予備知識はありませんでした。
ダムの真下に美術館があるというのには驚きましたね。
そこにライチルさんも行かれたことがあると聞いて、またびっくりです!

随分引っ張っていますが、あと残っているのは神子畑と竹田城だけですね(笑)
リバーサルの現像も上がってきて、やっとスキャンを終えました。
ご期待に添えるかどうかは疑問ですから、あまり期待しないでいてくださいね (^^ゞ
Unknown (つむぎ)
2017-07-16 01:42:49
芸術の森ってところにいってみたくなりました!
すてき~。
Unknown (Blues Walk)
2017-07-16 20:02:55
こんばんは。
あさご芸術の森 というのが、
ダムの下にあるんですね。
日差しを浴びる彫像や、
童話のような動物たちが好いですね。

次はリバーサルなんですか。
フィルムの現像は日にちがかかりますよね。
近くのキタムラで現像所はLab21ですが、
モノクロフィルムで、10日ぐらいです。
この前に出したフィルムが、まだ上がってきません(笑)
Unknown (れもん)
2017-07-16 22:32:18
つむぎさん、こんばんは☆
動物たちが座っているテーブル・・・
ここには一つだけ席が空けてあって、誰でも食事会に参加できます。
野外彫刻もたくさんあって、楽しめますよ~♪
Unknown (れもん)
2017-07-16 22:37:47
Blues Walkさん、こんばんは☆
ダムの直下に美術館があって、周囲一帯が緑地公園として整備されています。
屋外のあちらこちらにもオブジェがあって、
宿からの散歩コースになっていますよ (^_-)-☆

現像所の定期集配が無くなって、1回いくらで集配料を取られるようになってしまいました。
何本出しても同じなので、まとめて出そうと溜めていたんです (^^ゞ
4月の分から、全部で10数本。
一度にまとまった出費になるのが痛いです (-_-;)

今回はどこも、デジタルと両刀使いだったのですが、
後半はフィルムをメインにしていたので、デジタルだけでは良いのがなくて・・・。
せっかく現像が上がってきたので、リバーサルからも少しアップしようと思っています (^^)
Unknown (ティンカーベル)
2017-07-27 19:42:27
きゃ~!
藤原吉志子さんの『最後の午餐』可愛い!
一緒に座れるともっと可愛い!

ステキな森ですね(^_-)-☆

りんごさんも行きたがっていませんでしたか?

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。