酔い日は佳い日

日々の酒肴事情。by こたりん

鍋取り分け性格診断(笑)

2017-01-30 | 日記
週末は素人落語家集団「旭笑長屋」さんの新年会にお呼ばれ。

ふらりーとの「味よし喰楽部」にてわいわい盛り上がる。





美味しいものが他にもいっぱいあったはずだが、会話に夢中で撮りそびれ。

で、出てきた鍋料理は二種類(あったらしい)。皆で取り分けて二つの味をお楽しみくださいという趣向と思われる。

そこで、鍋を取り分けるために昨年前座に上がった某氏が率先してレンゲを取る。
アマチュアの会とはいえ、きちんと師弟関係があるのだ。エライ。

何気に動画を撮り、見て気づいたのだが、某氏は繊細だ。
小ドンブリにつゆが入り過ぎないよう配慮しつつ、少しずつ多種の具材を取ろうとする。そう、取り分けにも美しさが必要なのだ。傍から見れば「何をちまちまと」とも見えるが、それは違う。それはすなわち美味しく食べてもらおうとする気遣いである。
二つがからまる糸こんにゃくを何とか別々にしようとしてる様子がちょっと可笑しいが(笑)、気遣いのできるいい奴なんだと思う。
こういう人とは美味しく呑めそうな気がする。



率先して取り分け係を買って出るのは良いが、時々困ったヒトがいる。
それを男っぽいと勘違いしてるか、食べ物には美を不要とするのが先祖代々の家訓なのか、小ドンブリにドバドバッと具を盛り(白滝なんかはみ出ちゃってぶらぶらしてる)、ほら喰えとか言って人に突き出すお方。
あたしゃちょっと苦手です。

あ、話はそれたが、新年会は盛況のうちにお開き。ほんと楽しい時間はあっという間だ。
呑み足りない(話し足りない)有志が数人、蕎麦を肴に呑み直そうと近所の店へ。


ここはコレしかないでしょと菊正宗を呑りながら落語談議で再び盛り上がったのだった。

(お江戸の蕎麦屋さんは菊正宗が定石ってホントなんだろか)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鮭オイル煮に、酒は上善如水 | トップ | いにしえの美酒で晩酌 酒は男山 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事