酔い日は佳い日

日々の酒肴事情。by こたりん

山の幸で佃煮。

2017-05-14 | こしらえた話。
佃煮というと、昆布とか貝類とか、海のもの的イメージがある(のは自分だけ?)。が、こんなのはいかが。


キクラゲで。
先日いただいた生のキクラゲ(その記事)を佃煮にしてみたら、美味しいの何の。味濃いめ、鷹の爪も加え甘辛く仕上げて大正解。生キノコならではのプルプル感もあって、まさに珍味である。
晩酌の、締めのゴハンのつもりが、これまた酒が進んでしまって困る(笑)

そうそう、その晩酌のアテもキノコ。


こちらは、あわび茸の醤油漬け。三升漬けを少し使ってピリ辛仕上げ。

キノコを湯がいて、それを醤油出汁に漬けるというものだが、というか、自分はいつもそうしていた。対して、生産者さんが紹介していた作り方は、キノコの茹で汁を出汁に使うというもの。
なるほど。その手があったか。というか、素材の良さを生かすという点ではそれが料理の基本だな。
ということで、そのようにやってみた次第。

アワビのような食感がするからその名がついたキノコ。しゃっきり、しっとりな食べ応えで美味。

それはそうど、久しくアワビ食べてないな。どんな食感だったかな(笑)



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 爽やかな深夜食 | トップ | 朝食の傾向と対策 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む