雨の記号

エッセイと小説のページです。
諫早日出緒

今年のきらきら7人

2016-12-24 21:49:15 | K-POP
<script type="text/javascript">
function googleTranslateElementInit() {
new google.translate.TranslateElement({pageLanguage: 'ja', layout: google.translate.TranslateElement.InlineLayout.HORIZONTAL, gaTrack: true, gaId: 'UA-78908602-1'}, 'google_translate_element');
}
</script><script type="text/javascript" src="//translate.google.com/translate_a/element.js?cb=googleTranslateElementInit"></script>




EXO、防弾、TWICEまで「気づいたら大好きでした…」7人の“オタク入門”メンバーを紹介



★GOT7 ジャクソン

 サビた音色の魅力というか、彼は声に魅力がある。ナイスガイだ。バラエティセンスのよさは動画を見ればすぐ分かるが、このサビた声はドラマや映画などに出ればより生かせそうだ。すでにバラエティで魅力全開のようでそこまで手はまわりそうにない。
 バラエティに飽きたら、TOP(BIGBANG)みたいにアクションドラマでニヒルな犯人役かなんかやったら一気に人気を呼ぶかもしれない。
 

★TWICE ナヨン

 分かるなあ、これ…じつによく分かる。いつも思ってきたが、入りのステージでナヨンはアクセルの踏み方が絶妙って感じがいつもする。気負いがなく、かといって物足りなさもない。彼女のような可愛い振りや笑顔には、三つや五つくらいの少女でないと出来ないようなよさを持っている。
 アイドルだから当然、みんなやってるよ、と言えばそうではある。だが、自分から見てナヨンほどなりきってる女子はそういない。
 子供は大人に近づくにつれ、愛想笑いを覚え、無邪気な笑顔を作れなくなっていく。そうしようとしても分別のハニカミに邪魔されて思うようにいかない。ナヨンはそういうものをみんな突き抜けてきてここに至ってるのだろう。
 3rdミニアルバム”TT”のステージを見てナヨンの果たしてきた役割をあらためて思い知った次第だ。
 

★I.O.I チョン・ソミ 
 

 チョン・ソミは「プロデュース101」のオーディションで1位になり、ガールズグループ「I.O.I」のセンターデビューを果たした。
 彼女の活躍もさることながら、新聞記者やりながら俳優を兼業しているお父さんも話題となり、親子ですっかり有名になってしまった。
 「I.O.I」の活動を終えた後、再びJYPの練習生に戻る彼女だが、タレントとしてのソロ活動は続いていきそうである。ここまで名を売れば、ガールズグループの活動にこだわらなくてもやっていけそうだ。だが、「I.O.I」の活動で音楽仲間を得て、本人もガールズグループでの活動を望んでいるかもしれない。TWICEのメンバーになるのでは、との噂も飛んだが、それはないとのコメントも出た。
 ただ、チョン・ソミはハーフのせいもあり、キャラとして個性が強い。グループで活動やるなら4、5(4人がいい)人の少数グループが合っているかもしれない。YGのガールズBLACK PINKはリサの活躍がぴったりはまっている。チョン・ソミがリサ的な役割をこなし(ラップでなくてもいい)、実力とビジュアルで相応の他メンバーを揃えられたら、注目度の高い活躍が期待できそうである。ただ、チョン・ソミはJYPも大事に育てようとしているようだ。当分はソロ活動やらせて実力を磨かせておくのかもしれない。
 しかしデビューが遅れては10日の菊になりかねない。そのへんは頭の痛いところと言えそうだ。
 
 
★GFRIEND ユジュ

 ともかく歌が上手い。彼女ほどの歌い手が小さな事務所からガールズデビューしてきたのはいくら考えても不思議だ。これではチャンスを生かしたのはユジュではなく、事務所の方と言ってもよさそうである。
 GFRIENDは今年の活躍でトップガールズの仲間入りを果たした。これまた不思議だが、このグループは歌の上手いユジュが引っ張っているガールズではなかった。イェリン、シンビ、ウナ、ソウォンなど相応の才能とビジュアルをしっかり備えたメンバーで編成された有望グループだったのだ。
 ただ、残るメンバーのオムジはどういう役割かと自分はけっこう真剣に悩んだ。歌やダンスが特別上手いようには見えないし、ビジュアルだってごく平凡である。一部では”ブスだ”と辛らつな声も聞かれるほどだ。
 語学が出来る、と早い段階で知られていたが、小さな事務所が当初から外国での公演を念頭に置いていたとは思えない。
 どう考えても足を引っ張るとしか思えないメンバーだったが、事が上手く運んでいくと痘痕も笑窪みたいになってくる。
 近頃、彼女はあらゆるサブをうまくこなし、チームに貢献して感じられるようになった。
 GFRIENDは少女時代を思わせる歌とダンスの力でデビューに成功した。パフォーマンスが少女時代に似てる、との注目で、イェリンの可愛さが話題となった。イェリンはテレビのバラエティに出演するようになった。これでイェリン人気に火がつき、 GFRIENDの人気も上がってきた。そこでようやくユジュの歌唱力も取りざたされるようになった。
 他のメンバーも歌は上手いから、ユジュの歌唱力が浮き上がって感じられることはない。


★Red Velvet ジョイ

 
 いつも全力投球のガールズだが、どういうわけか進んでステージを見たいと思ったことがない。いつかステージで倒れたことがあってジョイとはこの娘なんだと知った。
 メンバーで目がいくのはあえて言えば彼女かな…。
 男がそうであるように、女も女たちだけの時間を持ちたいであろう。
 Red VelvetはそれをステージやMVで表現して女性たちの支持を集めてるのかなとは思う。
 


★ 防弾少年団のジミンはBlood Sweatでカッコいいパフォーマンスをこなして見せた。
 EXO のベクヒョンは『麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~』第10皇子のワン・ウン役を熱演し、女性のハートをときめかせた。
 2人の若さとモテモテぶりにはやっかみ文章しか出てこないから次の機会に…。




<script>
(function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){
(i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),
m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)
})(window,document,'script','https://www.google-analytics.com/analytics.js','ga');

ga('create', 'UA-78908602-1', 'auto');
ga('send', 'pageview');
ga('create', 'UA-XXXX-X');
ga('require', 'linkid');
ga('send', 'pageview');

</script>
google-site-verification: google3493cdb2db9edecf.html

『その他』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 12月23日(金)のつぶやき | トップ |  反転攻勢の主役、AOAソリョン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

K-POP」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL